3連休 弾丸台湾【4/足つぼ・美容・お土産】

同日UP、3連休 弾丸台湾【3/台湾事情あれこれ】からの続きです。


【台湾足ツボマッサージ】
罰ゲームでもお馴染み!本場台湾足ツボのお時間ですよ~(^^)/

台北駅周辺で呼び込みしていたお店に入ってみました。
料金は30分400元

まずは渡された短パンに着替えて5分ほど足湯に浸かります。
※男性客もこのラブリーなリボン柄パンツです
160830 (29)

そして、いざ><!!
160830 (16)

あれ?全然痛くない(ノ゚ο゚)ノ
普通にマッサージされて気持いい~って感覚。
画像の脚がテッカテカなのはクリームをつけながらふくらはぎも同時にマッサージしているためです。なんだこれ、リフレクソロジー?全くもって無痛。

ちょっと期待外れ感はあったものの、眠ってしまいそうなほど気持ち良い30分を過ごしました。私は
以下、離れた席で施術を受けていた主人の感想を代筆します↓

--------------------------
痛かった。
マッサージ師は「格闘家ですか?」ってレベルのゴリマッチョ。

そのゴリマッチョが「フゥンッ!」と気合を入れて押してくる。
終始激痛。しかしこういうものなのだろうと必死に痛みに耐える。

が、時折我慢できないほどの激痛で反射的に「イタっ!!」と声が出てしまうほど。

するとゴリマッチョ「ア~、イタギモチイ、ダネ(^ε^c)」
「いや、痛い痛い!」
「イタギモチイ~、イタギモチイ~♪」
“いや、痛いっつてるだろーが!!”

「フゥンヌッ!」
「イタタ!!」
「ア~、ココガ イタイ ハ 胃ガ ワルイ(^ε^c)」
“いや、胃とかの問題ちゃうわ!!”

「イタギモチイ~、イタギモチイ~♪」
“痛い痛い痛い痛い”

--------------------------

激痛の、正に罰ゲームのような30分を過ごしていたそうです(^^;
痛いのを期待していたのに無痛だった私は逆にちょっと羨ましいのですが・・・

「でも罰ゲームじゃないんだから“弱くして”って言えばよかったじゃん?」
「いや、それは負けた気になるやろ・・・。
 まめさんも痛いの期待していたなら“強くして”って言えば良かったじゃん?」
「いや、こーゆーものだと思ったんだよね。
 少なくとも私の見える範囲では痛がっている客なんてひとりもいなかったから」
「そう言えば他に痛がっている人居なかったな・・・」

足ツボは健康なら痛くないとか諸説ありますが、ゴリマッチョが力を込めて押したらどんなに健康な人でも痛いんじゃないかな!?私の予想では恐らく“人を見て強さを変えている”のだと思います。
女性には無痛のリフレを、若い男性にはネタのような痛みを、みたいな?

主人の話ではその痛みは施術中のみならず、押された部分――特にふくらはぎは数日間アザのように痛みが続いたそうです。
お店を出たあとも生まれたての小鹿のようにプルプル歩いてたしなぁ。
足が痛くて階段使えずにエスカレーター探していたりしたもんなぁ。

ここまで痛いのはイヤだけどここまで強烈なエピソードが出来たなんてちょっと羨ましいと思ってしまいました(^^;
今度行く機会があったら「もう少し強くして」と言おっと!
逆にもし皆さんが台湾足ツボでゴリマッチョに弄ばれたら「もう少し弱くして」と言った方が良いでしょう。負けとかじゃないです笑


【台湾式美容】
台湾の伝統美容といえば糸を使って顔の産毛を抜く「挽面」が有名ですが、今回はネットの台湾ナビで見つけた毛穴ケアにチャレンジしてみたいと思います。

目的のお店がある龍山寺駅へ
160830 (19)

駅直結の地下街にあるこちら
160830 (17)

おう、なんか色々凄いな。
エステ店がフルオープンって違和感バリバリだけど突入します!

「すみません、この“粉刺調理”ってやつ、ふたりお願いします」

「ア~!ニキビ!ニキビ!
キレイキレイ ニキビ! 600元!OK?ニキビ!!」

ん!?ニキビじゃなくて毛穴掃除って聞いて来たんだけど??毛穴がキレイならニキビも出来にくくなるという意味では正解なのかな?よく分かんないけどOK(  ゚ ▽ ゚ ;)!(勢い)

よく見たらメニューの日本語訳、むしろ掲載しないほうが良いレベルで意味不明
160830 (18)

「粉刺調理(にきびにきびのスキンケア←?)」は
外から丸見え(ってかほぼ外)のベッドに横たわり施術。終始目をつむっている&何を言っているのか分からないので何をされているか不明なのですが、感覚的には超音波振動機で洗顔→マッサージ→パック→角栓取り→パックという約50分の流れだったと思います。
メインは角栓取りなのですが、これがま~強引。
金属製のヘラのようなものを毛穴に押し当ててグイグイグリグリ。力づくで角栓を押し出します。ちょっと痛い。
たまに大きな汚れが取れると「ワ~♪」とか言いながら見せてくれます(^^;
・・・多分日本では余計に毛穴が広がる“やってはいけないスキンケア”に分類されると思いますが、とりあえず今ある汚れはそこそこ落ちるので「ダメと知りつつ毛穴パックが好き」という人はこれも好きなんじゃないかなー。

最後に施術してくれたおばちゃんに名刺を渡され、
「ワタシ イチバン ウマイ!イタクナイ!」
更に日本のテレビが撮影に来たときの写真などを見せられて終了。


さて、ここでも主人に悲劇が。
術後の主人の左頬が腫れている(  ゚ ゚ ;)

そうだ、左頬にはひとつやや大きめのニキビがあったのだが・・・
「このニキビをヘラで20分くらいに渡って攻め続けられた。とても痛かった」
ニキビが潰れて、血が出て、周辺どころか頬全体がおたふくのように腫れ上がっている。
「また僕だけ痛い目に遭う・・・」
お、おう・・・ 

あとなんか知らんけど施術前にオバチャンが来て、
(眉毛を指しながら)「マユゲ」
(目を指しながら)「マツゲ」
(口元を指しながら)「ヒゲ」
(脇を指しながら)「ワキゲ」
(股間を指しながら)「マ○ゲ!チ○チ○ゲ!」
と言い、ヘヘっと笑いながら去って行ったそうです。

足つぼの件と言い、なんかとっつきやすい人柄なのでしょうか?ちょっと羨ましい( ̄∀ ̄)


【お土産】
弾丸で時間が無かったのと、帰りもLCCで荷物制限があったのでお土産は少量です。

まずは自分用に購入した台湾の万能常備薬「白花油
160830 (28)

虫に刺されたら患部に塗る、車酔いしたら匂いを嗅ぐ、頭痛のときはこめかみに塗る――と、幅広い使い道があるそう。台湾ではどこの家にもある常備薬だとか。
160830 (30)

湿布薬のようなスーっとした強めの香りがあります。
私が試してみたところ
・蚊に刺された→痒みが弱まったような気がする
・車酔い→軽度の酔いならスーっとして良いかも
・頭痛→効果なし。むしろ強烈な香りで痛み増?
という感じでした。肌につけるとハッカ油のようにスっとした清涼感を感じます。夏場はお風呂に入れても良いそう。


その他のお土産どん!
160830 (27)

一番のオススメは左下の「太陽餅」です。
本当美味しい、日持ちもする、パッケージもしっかり、なのに高くない!
このサイズの箱は確か5~6個入(個包装)で100元でした。空港で買うより台北市内で買ったほうが安いです。

太陽餅の上にあるのは「老婆餅
太陽餅と似たようなお菓子なのですが、あまり見かけず価格も高い。太陽餅があれだけ美味しかったのならそれより高級な老婆餅はさぞかし美味しいに違いない!と思ったのですが、あんまりでした(・ω・`)
不味くはないんだけど、比べれば断然太陽餅推し!

右上はバラマキ用に定番のパイナップルケーキ、
右中央は自宅用に台湾のインスタントラーメン、
右下の細々したお菓子は主人の甥っ子用です(^^)

-----------------------------------

台湾は――
最初の記事でも書きましたが、兎に角暑かった!

帰って来て思ったのは「日本も暑いけど、常識的な暑さ」だということ。
35℃を超えても耐えられないほどじゃないし、日が落ちれば気温が下がって朝晩の屋外は気持ち良い。

台湾は非常識な暑さだ。
耐えられない、観光を取りやめようかと考えるほどの暑さ。そして朝晩ももれなく暑い。
体感温度は昼間40℃、朝晩35℃と言ったところか。

台湾旅行、気軽に行けてオススメです(^^)
でも夏は避けたほうが良いよと強く申し添えて3連休 弾丸台湾旅行記を終了させていただきます。


スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

3連休 弾丸台湾【3/台湾事情あれこれ】

写真の枚数的に収まるかなと思っていたのですが、文章起こしたら長くなってしまったので台湾編は1~4の編成となります。最初は前編・後編のみの予定だったのにとんだ無計画ヤローですね(^^;
3・4は同日アップしますので両方お楽しみ頂ければ幸いです。


【台湾バイク】
台湾はバイクが多いです。そのほとんどはスクータータイプ。
160830 (5)

日本のバイク屋の前の路上ばりにずらーっと停められています。
160830 (6)

160830 (4)


【台湾コンビニ】
街中にはコンビニ、特にセブンイレブンが沢山ありました。
2日目の朝は食堂や良い感じの屋台が無かったのでコンビニで調達してみることに。

160830 (7)
左上から台湾粥、ヨーグルト、右上はスーパーで購入したグァバ
左下はボリューミーなおにぎり、そして太陽餅

食べる前にちょっと感動したのがこちらの・・・
160830 (10)
       ↓
160830 (11)
お弁当用袋!
淡いブルーの不織布に切り込みが入っており、端を持ち上げるとびよーんとメッシュバッグに。
温めたお弁当でも袋内が蒸れないし、下ろしたらそのままランチョンマットっぽくもできるし良いじゃない!・・・何買ったかはバレバレですが。

そしてそのバレバレなお粥がこちら
160830 (8)
味がしっかりしていて日本で言うところの雑炊みたいな感じですね。


グアバの食感は少しパサついたりんご、味は薄い梨のような感じでかなりあっさりした味。
マンゴーのように甘いデザートというよりはサラダに入れても違和感のないサッパリ果実。
160830 (9)
しかし写真のように梅パウダーが添付されており、これをかけると劇的に味変します!
甘酸っぱさが引き立ち何とも言えない美味しさ(^^)
台湾でカットグアバを購入するとこの梅パウダーは高確率で付いて来るそうです。

ヨーグルトは日本の味と変わらなかったので割愛。

おにぎりの味は概ね見た目通りかなぁ。肉がちょっと臭みが強くて苦手かも・・

太陽餅はとても好みの味!
クッキーとパイの中間くらいの食感の生地が素朴な甘さで美味しかった(°∀°)b なのでお土産にも採用☆彡
(ポロポロこぼれるので人前で食べるときは注意)


【コンビニ/レジ横周辺の闇】
日本のコンビニのレジ横といえばホットスナック(揚げ物)やおでん、中華まんなど。

それらのコーナーは台湾にもあるのですが・・・クサい
台湾はそこかしこが謎臭に包まれているのですが、コンビニも異臭スポットのひとつ。

まずは一番臭気の穏やかな蒸し器を見てみましょう。
・・・左上のヤツ、膨らみすぎじゃない(゚Д゚)!?隣のヤツの倍はあるじゃん!
一体何日蒸かしているんでしょうねぇ・・・廃棄の規定とかはあるのでしょうか??
160830 (25)

ひとつ食べてみよう!(流石にあの膨らみMAXのヤツは無理だけど)
160830 (24)
これは美味しい!
ほんのり甘い中華まんの皮のみって感じ(^^)優しくて好きです。


そしてどのコンビニでもひと鍋使って大量に煮込まれている卵
160830 (1)

160830 (2)

ごめんなさい、率直な感想“美しくない”と思ってしまう気持ちは偽れない(><)
これは「茶葉蛋」と言って、黒い煮汁はスパイスやお茶でできているそう。
真っ黒の汁にひび割れた卵。そしてこれが何とも言えないニオイ。
160830 (3)
私はビジュアルで食べず嫌いしてしまいまたが主人が購入していました。
普通の煮玉子にほんのり紅茶っぽさや漢方っぽさがプラスされた味で、見た目ほどクセは無く美味しいそうです。

そしてコンビニ内で臭気の頂点にいると思われるのが“おでん”
日本の澄んだ出汁を思い浮かべてはダメです。味噌おでんとも違います。
またもや汁が真っ黒です。そして獣臭さとスパイシーさの混ざったような香り・・・個人的には臭豆腐よりアウトです。

ショックが強過ぎて鍋の写真を撮るのを忘れてしまいました。
汁も不明だしラー油みたいなオレンジの油浮いてるし具材も不明だし臭いは怪しすぎるし・・・ちょっと日本人観光客にはハードル高いかもしれませんねぇ―――

――― って買ってるし!
160830 (26)
主人は割と果敢な食チャレンジャーのようです。
私は本当に臭いが無理で食べられませんでしたが、味が濃くてとてもスパイシーだそうです。

・・・因みにこれ、帰りの空港での写真。
このおでんのせいかは不明ですが、1時間後に主人は猛烈に体調を崩しました(・∀・;)


【街での食事】
夜市での屋台料理をメインに来ましたが、昼間は当然街中で食事をとることとなります。
キレイなレストランよりもこーゆーお店のほうが気になるよね(^^)
160830 (14)

よくわからないけれど指差しで青菜炒めと麺を注文してみました。
160830 (13)

青菜炒めはレタスの炒め物でした。
皿に「おいしい」って書いてある(笑) と思ったら色んなお店で同じお皿を見かけました。
160830 (12)
麺は普通だったけど、トッピングされていた肉塊が獣臭かった><


これは別のお店で食べた刀削麺の特級牛肉トッピング
160830 (15)
この肉は普通に美味しく頂けました。

こちらは台北最後の食事、台北駅のフードコートにて「夜市セット」的なもの
160830 (22)
全体的にイマイチ(^q^;)

こちらもフードコートにて、豆花(トウファ)
160830 (23)
日本でも割と有名ですね。
簡単に言うとスイーツ仕立ての豆腐、って感じです。HOTで美味しかった。


食事は美味しいもののあり、普通なものもあり、無理なものもあり、
総括すると・・・う~ん・・・「台湾料理大好き!」とは言えないですが「超美味しいものもあるし、ぶっちゃけ不味いものあるけど、日本では見たことないようなものが多くて面白い」かな。
ハズレ料理も楽しむ気持ちで食旅すると面白いと思います(^^)


【台湾茶】
凍頂烏龍茶・東方美人などに代表されるように台湾はお茶が有名。
お茶屋さんに行ってみよう!

緑茶も烏龍茶も紅茶も全て同じ茶葉からできていると言うのは有名ですが(不発酵=緑茶、半発酵=烏龍茶、全発酵=紅茶)、烏龍茶の中でも更にその発酵度合いによって軽発酵・中発酵・重発酵と分かれているそうです。

今回は重発酵のものをセレクト。
言葉が通じないながらも身振り手振りで入れ方を教えてくれます。
160830 (21)
香りが良い!気がします^^
テーブルでお湯を沸かしてくれるので同じ茶葉で2人×数回分淹れることができます。

お茶請けにさきいか。
「このさきいかっぽいお茶菓子なんだろう?」と注文したらさきいかだった(^^;
160830 (20)

茶葉が260元、お茶請け(小)40元
麺類が50元くらいから食べられることを考えると台湾茶はかなり高級ですが、ゆっくりとした時間と香り高いお茶が楽しめるので猛暑と喧騒の街中を歩いた後の休憩には最高です(^^)


3連休 弾丸台湾【4/足つぼ・美容・お土産】に続きます。


テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

3連休 弾丸台湾【2/士林夜市で食べ歩き】

ホテルでひと涼みしたら士林夜市へ繰り出します!
160815 (1)

食べ物はもちろん、ゲームに服やガジェットと様々なジャンルの屋台がひしめく。
160815 (15)

160815 (10)

160815 (16)

160815 (14)

しかし私達の目的は食べること。

さぁさぁ気になったものから順にガツガツと行きましょう!

大餅包小餅
なんだろう?食べてみよう!
160815 (6)

この揚げパイ?のような物体を、
160815 (4)

クレープのような生地で包んで・・・
160815 (5)

金槌で内包物をバキバキに粉砕します。
えっ、なんだこの食べ物Σ(゚д゚;)
160815 (26)
ん!?お、美味しい!
よく揚げ物の例えで「外はカリッと、中はジューシー」とか言うけれど、これは外はモチッと、中はサクサク。

味が何種類かあり、選択した味の調味料(?)も一緒に包まれています。
私は黒胡椒にしてみたのですが、包まれているメインのパイ?大餅?小餅?が全くクセのない超プレーンな味なので甘い系でも塩っぱい系でも美味しく頂けそうです(^^)


次! 「大腸包小腸
大餅包小餅と似たような名前だぜ・・
160815 (7)

ふむふむ、もち米の腸詰に腸詰肉(ソーセージ)とナムル風の野菜をサンドするという物らしい。
160815 (9)

ソーセージの味を選びます。
↓左からニンニク・コショウ・プレーンですね。台湾と日本の漢字は同じ意味のものも多いので割と分かりやすい(^^)
160815 (8)

普通の食事ではソーセージおかずに米は食べられないですが、これはもち米と腸詰のソーセージの食感が似ていて馴染みがよく、更に野菜のサッパリ感も加わると名前の重た~いコッテリ感は裏切られ、ホットドックのようにスナック感覚でペロリです。
美味しかったですよー!


サッパリ系ジュースの屋台も沢山あるのでお口が油っぽくなったらこれでリフレシュ。
大好きなレモン系が多くて嬉しいです(^^)
160815 (2)

160815 (13)

お酒は売っていないようなので必要なら近くのコンビニ等で調達を。
ハニービアは風味程度の蜂蜜の香りと風味。甘味はほとんどないので食事とも合いそうです。
160815 (20)

気になっていた台湾かき氷
160815 (11)

ピーナッツ味をチョイス。
160815 (12)
氷自体に味が付いていて、食感はとてもふわふわ。
日本の高級かき氷のふわふわとはまた違うふわふわなんだけど良い例えが見つからない・・・


大阪焼(゚д゚;)
160815 (3)


臭豆腐・・・特別食べたくはないけれど、台湾に来たからには経験として食べておかなければいけない気がする( ̄ー ̄;
160815 (18)

160815 (19)
うーん、想像していたよりは臭くない。強さで言えば納豆より少し上くらいのレベル。
味は食べられなくはないけれど、今後自分から進んでは食べないと思う(^^;


フルーツ量り売りのお店はぼったくりが多いと聞いていたのですが、主人がずっと前から食べたがっていたドリアンがあったので多少割高でもいいやと少しだけ購入してみることに。
160815 (21)

大きなドリアンの実を割ると中で何房(房でいいのか?)かに分かれており、ひと房だけ購入。
男性の手ぐらいのサイズで250元くらいだったかな・・結構高い(´・ω・`)
160815 (22)
ひとつの房の中心に茶色い大きな種が入っており、果肉はクリーム色のねっとりとしたバナナのような食感。
臭いと味の感想は臭豆腐と全く一緒(^^;

因みに翌朝ホテル近くのスーパーに立ち寄ってみると・・・
160815 (23)

売っています!
160815 (24)
でもこんなに食べきれないし、量り売りは割高になるとは言え丸々買うよりは安かったので「ちょっと食べてみたい」を叶えるには夜市のフルーツ店は便利かも(^^)

そうそう、ドリアンとお酒を同時に摂取するとヤバいとかヤバくないとか言われていますが・・・ビール1缶とドリアンひとくち程度では特に何もありませんでしたよ。

-----------------------

今回の夜市食べ歩きは以上です。
気合入れて出かけた割にあまり種類は食べられず・・・しかも明け方まで遊ぶつもりが、暑さと疲れで夜9時にはホテルに戻り10時には寝ていましたとさ(^^;

次回後編で台湾旅行記はラストです!



テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

3連休 弾丸台湾【1/猛暑の九份観光】

7月の3連休に1泊2日の台湾旅行に行って来ました。

チケットはスカイスキャナー
で一番安い航空券を検索。


このような旅程となりました。

160728 (1)

往復でひとり約3万円!安い便は時間が深夜や早朝発など若干の縛りはあるものの、新幹線で新横浜-新大阪を往復するのとほぼ同じくらいの額で海外に行けちゃうなんてLCC様々です(^^)

荷物は夏の1泊2日ならこんなもん
160728 (2)

まとめてトートバッグに入れれば普段の通勤と変わらない身軽さです♪
(一番重い荷物はこれを撮影しているカメラ)
160728 (3)

出発は早朝便なので前日に羽田空港入りしてベンチで夜を明かします。当初は当日バイクで向かう予定だったのですが、それよりもベンチ寝のほうが睡眠時間が取れそうだったので。

往路の航空会社はpeachです。
160728 (4)

peachのHPには「自動チェックイン機でチェックインを~」と書いてあったのですが、普通に対人方式のチェックインでした。
今回LCC・格安航空初体験だったのですが、
・預け荷物が有料→トートバッグひとつなので問題なし
・機内サービスなし→約3時間の短時間フライトなので問題なし
・座席指定が有料→指定なしでも早めにチェックインした為か隣同士の席になったので問題なし
・キャンセルや変更等の融通がきかない→安いので承知の上(+数千円で変更可能なプランもあるはず)

今回搭乗者氏名を入力する際に姓と名を逆にしてしまうというアホなミスをしてしまったのですが、コンタクトセンターに電話で問い合わせたところ無料で修正してくれました。よ、よかった・・・
担当のお姉さんも感じ良かったですよ!ただコンタクトセンターは平日の9時~18時のみ、しかもお昼休みの時間帯はほぼ繋がらないというあたりが格安たる所以を感じさせました。社会人どーすりゃいいのさ!幸い有給を使う日があったのでその日の9時ちょうどに掛けたらすぐ繋がりました。
160728 (5)

160728 (6)
座席は下手な観光バスよりも狭かった(^^;
それでもこれだけ安いなら私は次も使うと思う。

ちょっと寝ている間に台湾・桃園国際空港に到着。
日本との時差は-1時間です。
160728 (7)

さて、ここで今回の台湾旅行の目的を発表します。
 食べること。 以上です。
観光は申し訳程度にします。

入国審査が済んだら両替。
2016年7月のレートは1元=約3.2円くらいでした。

まずは空港地下のフードコートで朝食です!

・・・まだ10時前だったせいかファーストフードとベーカリーしか開いていなかったでござる(・ω・`)
160728 (32)
手前にあるメロンパンのような風貌のこいつは表面がパイとクッキーを合わせたような食感。メロンパンほど重さや甘さはなく、ほんのりバターが香る素朴な甘さ。
1食目はザ・台湾料理!とはいかなかったけれど、なかなか美味しいパンでした。

朝食が済んだらバスで台北市内に移動します。
海外のバスは緊張するのですが、バスターミナルもチケット売り場もものすごく分かりやすくて一安心。
桃園空港→台北駅までひとり125元でした。

台湾に降り立ってまず思ったのが
暑い。

私は暑さには強い方で日本の夏ならエアコン無しでも過ごせるくらいなのですが、台湾の暑さは尋常じゃないくらい暑い。
もう観光は全て取り止めて夜までホテルでゆっくりしてしまおうかと思うくらい暑い。

・・・折角なので観光行きますけどね、瞬きするのも億劫なくらいの暑さです。

まずは台北駅からMRT(地下鉄)板南線に乗って忠孝復興駅へ。
鉄道が発達している国は移動がラクで良いですね(^^)
160728 (8)

タイと同じICトークン(コイン型チケット)タイプ
160815 (25)


忠孝復興から人気の観光地、九份行きのバスが出ています。
あ、あのバス停じゃない?と見つけた途端走り去るバス・・・げ、次のバスまでこの暑さの中待たなきゃならんのかと思っていたところ、相乗りタクシーの客引きに声をかけられる。

「九份、バス、下道、ニジカン カカル!
タクシー、高速ツカウ、イチジカン!」

事前に調べた情報ではバスも高速使うって聞いたけど?
若干怪しいとは思いつつも、料金はひとり200元(バスは100元くらい)と、それほど割高感はなかったので「本当に200元でいいんだね?ふたりで400元だね?ALLだね?」と確認して客引きに乗っかってみることにしました。

運転手含めて最大8人乗りの車でした。
160728 (9)
乗り込んだのは私達が一番最初。

・・・・

相乗りタクシーってことは人数が揃うまで発車しないってことですね!
幸い客引きのお兄ちゃんが頑張た結果、4人組の観光客が捕まった(?)ようで割とすぐに出発できました。

しかし暑い。
車内はクーラーが効いているはずなのに身体は熱さを増す一方だし、何より汗が止まらない。こんなに汗かくことってある?ってくらいの異常な汗。呼吸をするのも苦しいくらいで吐き気や頭痛も相まって意識が朦朧として・・・

気が付いたら九份に到着していました(・∀・)
160728 (10)

多分熱中症になりかけていたのだと思います。
幸いちょうど移動時間が休息になったようで到着時には大分回復していました。

料金は約束通りひとり200元。
台湾はチップの習慣も無いようなのでふたりで400元ぴったり払って下車します。

移動中私は意識を失っていましたが、主人が言うにはこのタクシーは確かに超ハイスピード走行し、高速でも混んでいれば路側帯とか走っちゃったりしてあっという間に九份に到着したそうです(^^;
160728 (11)
セブンイレブンでお水買ってがぶ飲みだよ!
基本身体は丈夫な方なので、尋常じゃない暑さの中とはいえ10分ちょい屋外を歩いただけでまさか自分が熱中症になるとは思ってもおらずびっくりしました。水分も塩分も摂取していたのですが・・・
それぐらい夏の台湾は暑いのでこの時季の渡航はぶっちゃけオススメしません!(ガイドブックにも書いてあったけどここまで暑いとは思わなかったんです)

九份の観光ストリートと思われる通りを歩きます。
160728 (17)

ちょうどお昼どきなのでご飯食べよう!(完全回復)
160728 (12)
熱中症に利尿作用のあるビールは良くないですよー。でももう回復しましたからね。利尿作用以上にまた水飲めばイイっしょ。

この蒸し餃子的なもの、すごく美味しかった!小龍包のようにスープが溢れてきます。
薬味の香りも強く、タレとの相性も◎
160728 (13)

160728 (14)

160728 (15)

ふたり旅のメリットのひとつは食事をシェアして品数多く試せることですね(^^)

寺院とか
160728 (20)

駄菓子屋
160728 (18)

景色は爽やかだけどやはり猛暑。
160728 (22)

160728 (21)

有名な芋団子のお店、阿柑姨芋圓
頼み方がよく分からなかったけど適当に出してくれた。
160728 (19)
クラッシュアイスの上に熱々の豆と芋団子。45元。
素朴だけど芋団子がモチモチしていて美味しかった。沖縄の「ぜんざい」系統の甘味で和菓子派の人にオススメかな。

多分ここが日本人には一番有名な場所。
160728 (23)

以上、「千と千尋の神隠し」のモデルだとかそうでないとか言われている九份観光でした。
暑くてゆっくり観光や写真どころじゃなかったのが残念。機会があれば夏以外の季節にリベンジしたいですねー。

因みに帰りのバスも激混みでバス停は人で溢れかえっている上に、来るバス来るバス全て満員でこれを待っていたらまた暑さで倒れそうだったのでタクシーで最寄駅の瑞芳まで移動(九份-瑞芳は定額料金で205元)し、電車で台北まで戻りました。
台湾のタクシーは公共交通機関よりは当然割高ではありますが比較的安く、今回はぼったくりや約束以上の上乗せ料金とかチップの要求にも遭わなかったので印象はとても良かったです。
旅予算に制限がないならタイムイズマネーでバンバン使って良いと思いますよ(^^)

台北駅から淡水信義線に乗り換えて剣潭駅へ。
予約しておいた「TANGO INN」というホテルにチェックイン。2番出口の目の前です。
160728 (25)

台北ホテル「TANGO INN」
このホテル、1泊ひと部屋2250元~と格安ながらとてもキレイでオススメです。

160728 (27)

アメニティー類も必要なものは全て揃っています。
160728 (26)

部屋は勿論のこと、1Fラウンジではドリンクサービス(セルフ)があり、お茶やコーヒーが飲み放題で
160728 (29)

160728 (28)

さらにプチフールやサンドイッチ、朝はサラダまで無料で置いありました。(週末限定サービスのようです)
160728 (30)
貧乏性だからついつい食べたくなるけれど・・・ここで胃袋スペースを埋めてしまうのは勿体無いので我慢です(/ω\)

設備もさる事ながら、このホテルを選んだ理由は台北最大級の夜市である「士林夜市」まで徒歩圏だから!
今夜は終電を気にすることなく食い倒れできますよ奥さんヽ(゜▽、゜)ノ

というわけで次回は士林夜市で食べ歩き!

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ