スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青森県/下北半島編 5】青森編だけど岩手に行っちゃう!

コメントも多数頂いていますが八戸の蕪島神社が火事で全焼してしまったようです。
蕪島神社は本当に八戸のシンボルで、バイクのご当地ナンバープレートにデザインされているほどなんです。
150923 (44)
(今回レンタルしたバイクのプレート)
再建に向けて動いているそうなのでなんとか応援していきたいですね><
--------------------------------

夏休み青森ツーリング最終日、八戸のビジネスホテルで起床。
駐輪場に預けていたバイクを取りに行き出発です。
151103 (4)

予定していた今回の旅の目的地は昨日までの日程で行き尽くしてしまいました。
という訳で今日は岩手県に足を伸ばしてみようと思います!

少し走ればすぐに岩手県入り。
151103 (5)

しかし目的地までの道のりは割と長いですよ!
片道80km強かな?
151103 (6)

151103 (7)

途中の道の駅でトイレ休憩。
朝早い出発は気持ちがいいけれど時間的にお店が開いていないというのが難点(^^;
151103 (8)

途中から山へ入ります。
青看板に見える “岩泉・龍泉洞” は日本一周中に行きましたね(^^)
151103 (9)

今回は龍泉洞までは行かず、青森県側から見てそこの少し手前 “安家(あっか)” へ。
151103 (10)

日本三大鍾乳洞に数えられ、ドラゴンブルーとも呼ばれる美しい青の地底湖で有名な龍泉洞。
そのすぐ近くに日本最長の鍾乳洞、安家洞があることを3年前の私は知らなかった・・・因みに鍾乳洞好きの間では龍泉洞よりもHOTなスポットなのだとか。私?洞窟系は好きだけどニワカだよ(*´ω`)

知った上で同じ道を走ると「安家洞」の看板めっちゃあるんだけどね・・・知らないと気に止めないものなんです、人間ってのは。3年前は雨で寄り道どころじゃなかったというのも少しありますが。

そんな訳で改めまして、
日本最長の鍾乳洞・安家洞(あっかどう)へやって参りました!
151103 (11)

なんとこの鍾乳洞、総延長は約24,000メートル!
このうち入口から700mの地点までが公開されています。

入洞料1,000円を払っていざ!
入口でヘルメットを貸してくれます。

うおぉぉっ、寒っ!入口手前のここで既に冷気がもの凄い!!
151103 (12)

中に入ると道幅(洞幅?)はあまり広くなく、天井も低い。
過剰なライトアップは無く道の整備も最小限で洞窟らしさが味わえます。
151103 (13)

あまり手を加えられていないのはとても良いと思う。
案内板とかも手書き(^^)
151103 (14)

手書きなのは全然OKとして、自然構築物に付ける名称が謎なものが多いw
一番よくわからなかったのが↓
「校長先生の泣き所」
151103 (15)
・・・・?
お分かり頂けただろうか・・・
・・・私にはさっぱり見えてこない。

ここら辺は理解できるんですけどね。
「万年柱」
151103 (16)

「神殿」
151103 (18)

ちょっと怪しいけどまぁ分かる「会議室」
151103 (17)

名付けのセンス(・∀・)
他にも雑なのだと「タコ1・タコ2・ミズダコ」とか。そんな無理矢理付けなくても笑

気温はこんな感じ。
151103 (19)

151103 (20)

安家洞は非常にナチュラルで冒険心がくすぐられる面白い鍾乳洞でした(^^)


ここで3年前に訪れた龍泉洞をおさらい
151103 (3)

151103 (2)

安家洞に比べると照明バチッ!!
歩道の整備ビシッ!!


文章で書くと「じゃあ自然のままの安家洞の方がいいじゃん!」と思う方も多いと思いますが、龍泉洞の見所はドラゴンブルーの碧い地底湖なのでライトアップがないとその良さが生かされず、また有名が故に入場者も多くある程度整備を整えておかないと危ないってゆーのも大きいのだと思います。
つまり何が言いたいかと言うと、定型文で言う訳ではなく本当に「その洞窟に合った展示がされている」と感じた訳です。

ライトアップされた美しい地底湖が楽しめる鍾乳洞 『龍泉洞
自然のままを生かした冒険心くすぐる最大級の鍾乳洞 『安家洞

どちらもここでしか見ることのできない特徴的な鍾乳洞です(^^)
龍泉洞の記事はこちら→2012.07.06「龍泉洞と北海道上陸」【14日目】


さて、30分ほどの見学を終えて安家洞から出ると・・・
土砂降りでした。 少し待って小降りになったところで青森県八戸に戻ります。
151103 (26)

途中でもまた雨に降られる。雨具がないのでもうビシャビシャ。
そういえば3年前もこの道を大雨の中、八戸に向かって走ってちあんだなぁと思うと感無量。

一瞬雨が止んだ隙に懐かしい道を写真に収める。途端にドジャーー!!である。
雨まで再現してくれなくて良いんだけども・・・
151103 (27)

雨でカメラしまっちゃったので写真ほぼナシ。
びゃーっと八戸まで戻り最後の目的地『八食センター』へ
青森のお土産や海鮮、八戸グルメが集結する大型市場的な施設!
151103 (24)
詳しくは公式HPをどうぞ→八食センター

私がここに来た目的がこちら
八戸名物・せんべい汁を食します(^^)
151103 (22)

せんべい汁って市内の飲食店だと500円前後するんですよね。でも汁物1品に500円かぁ・・う~ん、と悩んでいたら今日まで食べ損なってしまって。
因みにここでは250円
151103 (21)

簡単に説明すると豚汁的な汁に専用のせんべいを入れて煮込んだもの。
せんべいはせんべい汁専用に焼き上げたもので数分煮込むと汁がしみつつも溶けることなく、お餅のようなもちっと感を残した絶妙な食感!うんうん、美味しい♪

ついでにご飯ものも頂きましょう。さばマヨ丼
151103 (23)
うん、合いますね。
焼いた鯖を使用しているのか、ツナマヨよりも香ばしさがありとても美味しいです(^^)

ここでお土産を購入したところでタイムアップ。
レンタルバイクを返却。4日間ありがとう。
151103 (25)

因みにこの4日間の燃費を計算してみると・・・
ん??
リッター 約46.8km!?

良すぎじゃない??
でも計算漏れはないはずなんだよなぁ

151103 (1)
125cc スクーター
加速良し、燃費良し、取り回しや乗り心地もそこそこ快適で燃費も良いなんて、ちょっと欲しくなってしまうじゃないか><
見た目さえ・・・見た目さえ許容できれば・・・

日常使いにはトップレベルの優秀さ。
ツーリングキャンプという視点で見ると2点、後部シートに荷物を縛るスタイルだと給油の度に荷物を下ろさなければならないのが面倒だったかな。自分の車ならキャリアにアレンジを加えたりで解決しそうな気もしますが。
もう1点はサイドスタンドが付いていなかったので駐車するたびにセンタースタンドを上げなちゃいけないのが面倒でした。125でもキャンプ用品を積んでいるとそこそこ重い。ま、これもレンタルでなければ即解決する程度の瑣末な問題。

そんなわけでスクーターにちょっと恋した今年の夏休みツーリングは終了。
やっぱり東北は良いですね。走っていて本当に気持ちよかった(^^)

書けたら青森お土産編書きます。


スポンサーサイト
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。