スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休 弾丸台湾【2/士林夜市で食べ歩き】

ホテルでひと涼みしたら士林夜市へ繰り出します!
160815 (1)

食べ物はもちろん、ゲームに服やガジェットと様々なジャンルの屋台がひしめく。
160815 (15)

160815 (10)

160815 (16)

160815 (14)

しかし私達の目的は食べること。

さぁさぁ気になったものから順にガツガツと行きましょう!

大餅包小餅
なんだろう?食べてみよう!
160815 (6)

この揚げパイ?のような物体を、
160815 (4)

クレープのような生地で包んで・・・
160815 (5)

金槌で内包物をバキバキに粉砕します。
えっ、なんだこの食べ物Σ(゚д゚;)
160815 (26)
ん!?お、美味しい!
よく揚げ物の例えで「外はカリッと、中はジューシー」とか言うけれど、これは外はモチッと、中はサクサク。

味が何種類かあり、選択した味の調味料(?)も一緒に包まれています。
私は黒胡椒にしてみたのですが、包まれているメインのパイ?大餅?小餅?が全くクセのない超プレーンな味なので甘い系でも塩っぱい系でも美味しく頂けそうです(^^)


次! 「大腸包小腸
大餅包小餅と似たような名前だぜ・・
160815 (7)

ふむふむ、もち米の腸詰に腸詰肉(ソーセージ)とナムル風の野菜をサンドするという物らしい。
160815 (9)

ソーセージの味を選びます。
↓左からニンニク・コショウ・プレーンですね。台湾と日本の漢字は同じ意味のものも多いので割と分かりやすい(^^)
160815 (8)

普通の食事ではソーセージおかずに米は食べられないですが、これはもち米と腸詰のソーセージの食感が似ていて馴染みがよく、更に野菜のサッパリ感も加わると名前の重た~いコッテリ感は裏切られ、ホットドックのようにスナック感覚でペロリです。
美味しかったですよー!


サッパリ系ジュースの屋台も沢山あるのでお口が油っぽくなったらこれでリフレシュ。
大好きなレモン系が多くて嬉しいです(^^)
160815 (2)

160815 (13)

お酒は売っていないようなので必要なら近くのコンビニ等で調達を。
ハニービアは風味程度の蜂蜜の香りと風味。甘味はほとんどないので食事とも合いそうです。
160815 (20)

気になっていた台湾かき氷
160815 (11)

ピーナッツ味をチョイス。
160815 (12)
氷自体に味が付いていて、食感はとてもふわふわ。
日本の高級かき氷のふわふわとはまた違うふわふわなんだけど良い例えが見つからない・・・


大阪焼(゚д゚;)
160815 (3)


臭豆腐・・・特別食べたくはないけれど、台湾に来たからには経験として食べておかなければいけない気がする( ̄ー ̄;
160815 (18)

160815 (19)
うーん、想像していたよりは臭くない。強さで言えば納豆より少し上くらいのレベル。
味は食べられなくはないけれど、今後自分から進んでは食べないと思う(^^;


フルーツ量り売りのお店はぼったくりが多いと聞いていたのですが、主人がずっと前から食べたがっていたドリアンがあったので多少割高でもいいやと少しだけ購入してみることに。
160815 (21)

大きなドリアンの実を割ると中で何房(房でいいのか?)かに分かれており、ひと房だけ購入。
男性の手ぐらいのサイズで250元くらいだったかな・・結構高い(´・ω・`)
160815 (22)
ひとつの房の中心に茶色い大きな種が入っており、果肉はクリーム色のねっとりとしたバナナのような食感。
臭いと味の感想は臭豆腐と全く一緒(^^;

因みに翌朝ホテル近くのスーパーに立ち寄ってみると・・・
160815 (23)

売っています!
160815 (24)
でもこんなに食べきれないし、量り売りは割高になるとは言え丸々買うよりは安かったので「ちょっと食べてみたい」を叶えるには夜市のフルーツ店は便利かも(^^)

そうそう、ドリアンとお酒を同時に摂取するとヤバいとかヤバくないとか言われていますが・・・ビール1缶とドリアンひとくち程度では特に何もありませんでしたよ。

-----------------------

今回の夜市食べ歩きは以上です。
気合入れて出かけた割にあまり種類は食べられず・・・しかも明け方まで遊ぶつもりが、暑さと疲れで夜9時にはホテルに戻り10時には寝ていましたとさ(^^;

次回後編で台湾旅行記はラストです!



スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

3連休 弾丸台湾【1/猛暑の九份観光】

7月の3連休に1泊2日の台湾旅行に行って来ました。

チケットはスカイスキャナー
で一番安い航空券を検索。


このような旅程となりました。

160728 (1)

往復でひとり約3万円!安い便は時間が深夜や早朝発など若干の縛りはあるものの、新幹線で新横浜-新大阪を往復するのとほぼ同じくらいの額で海外に行けちゃうなんてLCC様々です(^^)

荷物は夏の1泊2日ならこんなもん
160728 (2)

まとめてトートバッグに入れれば普段の通勤と変わらない身軽さです♪
(一番重い荷物はこれを撮影しているカメラ)
160728 (3)

出発は早朝便なので前日に羽田空港入りしてベンチで夜を明かします。当初は当日バイクで向かう予定だったのですが、それよりもベンチ寝のほうが睡眠時間が取れそうだったので。

往路の航空会社はpeachです。
160728 (4)

peachのHPには「自動チェックイン機でチェックインを~」と書いてあったのですが、普通に対人方式のチェックインでした。
今回LCC・格安航空初体験だったのですが、
・預け荷物が有料→トートバッグひとつなので問題なし
・機内サービスなし→約3時間の短時間フライトなので問題なし
・座席指定が有料→指定なしでも早めにチェックインした為か隣同士の席になったので問題なし
・キャンセルや変更等の融通がきかない→安いので承知の上(+数千円で変更可能なプランもあるはず)

今回搭乗者氏名を入力する際に姓と名を逆にしてしまうというアホなミスをしてしまったのですが、コンタクトセンターに電話で問い合わせたところ無料で修正してくれました。よ、よかった・・・
担当のお姉さんも感じ良かったですよ!ただコンタクトセンターは平日の9時~18時のみ、しかもお昼休みの時間帯はほぼ繋がらないというあたりが格安たる所以を感じさせました。社会人どーすりゃいいのさ!幸い有給を使う日があったのでその日の9時ちょうどに掛けたらすぐ繋がりました。
160728 (5)

160728 (6)
座席は下手な観光バスよりも狭かった(^^;
それでもこれだけ安いなら私は次も使うと思う。

ちょっと寝ている間に台湾・桃園国際空港に到着。
日本との時差は-1時間です。
160728 (7)

さて、ここで今回の台湾旅行の目的を発表します。
 食べること。 以上です。
観光は申し訳程度にします。

入国審査が済んだら両替。
2016年7月のレートは1元=約3.2円くらいでした。

まずは空港地下のフードコートで朝食です!

・・・まだ10時前だったせいかファーストフードとベーカリーしか開いていなかったでござる(・ω・`)
160728 (32)
手前にあるメロンパンのような風貌のこいつは表面がパイとクッキーを合わせたような食感。メロンパンほど重さや甘さはなく、ほんのりバターが香る素朴な甘さ。
1食目はザ・台湾料理!とはいかなかったけれど、なかなか美味しいパンでした。

朝食が済んだらバスで台北市内に移動します。
海外のバスは緊張するのですが、バスターミナルもチケット売り場もものすごく分かりやすくて一安心。
桃園空港→台北駅までひとり125元でした。

台湾に降り立ってまず思ったのが
暑い。

私は暑さには強い方で日本の夏ならエアコン無しでも過ごせるくらいなのですが、台湾の暑さは尋常じゃないくらい暑い。
もう観光は全て取り止めて夜までホテルでゆっくりしてしまおうかと思うくらい暑い。

・・・折角なので観光行きますけどね、瞬きするのも億劫なくらいの暑さです。

まずは台北駅からMRT(地下鉄)板南線に乗って忠孝復興駅へ。
鉄道が発達している国は移動がラクで良いですね(^^)
160728 (8)

タイと同じICトークン(コイン型チケット)タイプ
160815 (25)


忠孝復興から人気の観光地、九份行きのバスが出ています。
あ、あのバス停じゃない?と見つけた途端走り去るバス・・・げ、次のバスまでこの暑さの中待たなきゃならんのかと思っていたところ、相乗りタクシーの客引きに声をかけられる。

「九份、バス、下道、ニジカン カカル!
タクシー、高速ツカウ、イチジカン!」

事前に調べた情報ではバスも高速使うって聞いたけど?
若干怪しいとは思いつつも、料金はひとり200元(バスは100元くらい)と、それほど割高感はなかったので「本当に200元でいいんだね?ふたりで400元だね?ALLだね?」と確認して客引きに乗っかってみることにしました。

運転手含めて最大8人乗りの車でした。
160728 (9)
乗り込んだのは私達が一番最初。

・・・・

相乗りタクシーってことは人数が揃うまで発車しないってことですね!
幸い客引きのお兄ちゃんが頑張た結果、4人組の観光客が捕まった(?)ようで割とすぐに出発できました。

しかし暑い。
車内はクーラーが効いているはずなのに身体は熱さを増す一方だし、何より汗が止まらない。こんなに汗かくことってある?ってくらいの異常な汗。呼吸をするのも苦しいくらいで吐き気や頭痛も相まって意識が朦朧として・・・

気が付いたら九份に到着していました(・∀・)
160728 (10)

多分熱中症になりかけていたのだと思います。
幸いちょうど移動時間が休息になったようで到着時には大分回復していました。

料金は約束通りひとり200元。
台湾はチップの習慣も無いようなのでふたりで400元ぴったり払って下車します。

移動中私は意識を失っていましたが、主人が言うにはこのタクシーは確かに超ハイスピード走行し、高速でも混んでいれば路側帯とか走っちゃったりしてあっという間に九份に到着したそうです(^^;
160728 (11)
セブンイレブンでお水買ってがぶ飲みだよ!
基本身体は丈夫な方なので、尋常じゃない暑さの中とはいえ10分ちょい屋外を歩いただけでまさか自分が熱中症になるとは思ってもおらずびっくりしました。水分も塩分も摂取していたのですが・・・
それぐらい夏の台湾は暑いのでこの時季の渡航はぶっちゃけオススメしません!(ガイドブックにも書いてあったけどここまで暑いとは思わなかったんです)

九份の観光ストリートと思われる通りを歩きます。
160728 (17)

ちょうどお昼どきなのでご飯食べよう!(完全回復)
160728 (12)
熱中症に利尿作用のあるビールは良くないですよー。でももう回復しましたからね。利尿作用以上にまた水飲めばイイっしょ。

この蒸し餃子的なもの、すごく美味しかった!小龍包のようにスープが溢れてきます。
薬味の香りも強く、タレとの相性も◎
160728 (13)

160728 (14)

160728 (15)

ふたり旅のメリットのひとつは食事をシェアして品数多く試せることですね(^^)

寺院とか
160728 (20)

駄菓子屋
160728 (18)

景色は爽やかだけどやはり猛暑。
160728 (22)

160728 (21)

有名な芋団子のお店、阿柑姨芋圓
頼み方がよく分からなかったけど適当に出してくれた。
160728 (19)
クラッシュアイスの上に熱々の豆と芋団子。45元。
素朴だけど芋団子がモチモチしていて美味しかった。沖縄の「ぜんざい」系統の甘味で和菓子派の人にオススメかな。

多分ここが日本人には一番有名な場所。
160728 (23)

以上、「千と千尋の神隠し」のモデルだとかそうでないとか言われている九份観光でした。
暑くてゆっくり観光や写真どころじゃなかったのが残念。機会があれば夏以外の季節にリベンジしたいですねー。

因みに帰りのバスも激混みでバス停は人で溢れかえっている上に、来るバス来るバス全て満員でこれを待っていたらまた暑さで倒れそうだったのでタクシーで最寄駅の瑞芳まで移動(九份-瑞芳は定額料金で205元)し、電車で台北まで戻りました。
台湾のタクシーは公共交通機関よりは当然割高ではありますが比較的安く、今回はぼったくりや約束以上の上乗せ料金とかチップの要求にも遭わなかったので印象はとても良かったです。
旅予算に制限がないならタイムイズマネーでバンバン使って良いと思いますよ(^^)

台北駅から淡水信義線に乗り換えて剣潭駅へ。
予約しておいた「TANGO INN」というホテルにチェックイン。2番出口の目の前です。
160728 (25)

台北ホテル「TANGO INN」
このホテル、1泊ひと部屋2250元~と格安ながらとてもキレイでオススメです。

160728 (27)

アメニティー類も必要なものは全て揃っています。
160728 (26)

部屋は勿論のこと、1Fラウンジではドリンクサービス(セルフ)があり、お茶やコーヒーが飲み放題で
160728 (29)

160728 (28)

さらにプチフールやサンドイッチ、朝はサラダまで無料で置いありました。(週末限定サービスのようです)
160728 (30)
貧乏性だからついつい食べたくなるけれど・・・ここで胃袋スペースを埋めてしまうのは勿体無いので我慢です(/ω\)

設備もさる事ながら、このホテルを選んだ理由は台北最大級の夜市である「士林夜市」まで徒歩圏だから!
今夜は終電を気にすることなく食い倒れできますよ奥さんヽ(゜▽、゜)ノ

というわけで次回は士林夜市で食べ歩き!

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。