天城越えとティピーキャンプ

ティピー(インディアンテント)に泊まってみました!
160925 (1)

---------------------------------

気温の高さに比例してアクティブになるので夏はブログも(比較的)活発です(`・ω・´)
基本的には「飛び石連休の場合は有給ぶち込んで長期休暇にしちゃおうぜ✩」って雰囲気の課に所属しているのですが、9月のシルバーウィークは仕事量の関係でカレンダー通りとなりました。
でも雨続きだったのでちょうど良かったかな(・ω・`)

そんなぐずついた天候の中、それでもじっとしているのは勿体無いと無理矢理伊豆方面へツーリングキャンプに行ってしまいました。

伊豆スカイラインを通り、冷水IC手前にある峠の茶屋でお昼ご飯。
古民家を改装しており良い雰囲気。
160925 (14)

160925 (11)

色んな使い道がありそうな竹の器 20円
160925 (12)

手打ち蕎麦ととろろがウリのようです。
私はシンプルにざる蕎麦を頂きました。
160925 (13)
どのメニューもそこそこなお値段しますが、美味しいです(^^)
添えられている山葵の風味が良かったな~

お腹が落ち着いたところで伊豆スカイラインを降り、天城峠方面へ。
このあたりは名曲『天城越え』の舞台ですね(^^)

景色がもう『天城越え』の歌詞の通り。

♪わさび沢~ 隠れ径~
160925 (8)

160925 (16)

160925 (15)
わさびはいたるところで栽培されていました。
水がキレイですね~(^^)


♪九十九折~ 浄蓮の滝~
160925 (17)

160925 (6)

浄蓮の滝!!想像以上に良かった!
大きさは並なのだけど、潔いストレートな形状と豊富な水量、有名観光地ながら滝周辺は神秘的な雰囲気も十分に残っています。

周辺は歩道が整備されていますが、滝の飛沫が届く絶妙な距離。これも◎
160925 (18)
これは好きな滝暫定1位に躍り出でしまったかも・・・
浄蓮の滝、オススメです!

160925 (21)

渓流沿いでは釣りも楽しめるそうです。(有料)
160925 (20)


♪風の群れ 天城隧道~
160925 (7)

旧天城トンネルです
160925 (23)

趣がありますね~
しかしここに辿り着くまでには数キロ、凹凸の激しいダートを走らねばならずバイクだと少しコワいかも。
160925 (22)

これで観光は終了。
温泉に入り、スーパーで買出しして本日のキャンプ地へ向かいましょう。
ちょうど日没前くらいに到着予定、いい時間!

・・・・・

はい、イントルーダー初パンク(/ω\)
160925 (24)

でっかい釘が刺さっていました。
周辺のバイク屋に電話をして「閉店準備中だけど来てくれたらなんとかします」と言ってくれたお店までなんとか自走して(途中車屋さんで空気を入れてもらったら結構走れました)チューブのパッチ処理をしてもらいました。
閉店間際に申し訳なかったですが、本当に助かりました(ノω・、)


パンクのせいでキャンプ場到着時にはすっかり暗くなってしまっていました。
でもテントの設営がないのが救い!
今回は冒頭で書いた通り、ティピー(インディアンテント)に宿泊します!
お世話になるのは伊豆・河津町にあるCycle:yaというキャンプ場・・・ならぬ、ティピー場。
常設ティピーが6棟あり、1棟4人までOK。料金はひとり2500円です。

※翌朝撮影した写真
160925 (5)

ティピー、良い!!
まずテント設営不要なのでラクですし、荷物も少量で済みます。

内部はこんな感じ
160925 (3)
入口から中央にかけて土間、そしてそれを囲むように木の板が張られていました。

そしてテントと大きく違うのは中で焚き火OKなこと!
テント内で焼肉とかしちゃっても良いんですよ^^
160925 (25)

入口から給気され、上部開口に排気されます。
これがとても良くできていてテント内が煙たくなったりは一切しないのです。
入口は勿論、上部開口も閉じることができます。
160925 (4)
HPには「雨の日オススメしません」と書いてありますが、雨の中普通にキャンプをしてきた私達にとっては雨の日こそティピーの快適さを知る、といった感じでした。
大雨でもない限り水漏れの心配もなさそうですし、濡れたテント撤収しなくて済みますし。
翌日は本降りの雨だったのですが、上部開口を開けたままでも雨の入り込みもほぼ無く、浸水もありませんでした。

夜、火の灯ったティピーはとても幻想的で素敵。
160925 (2)

以下はCycle:yaさんの仕様です。
HPがとても簡素で行くまで不明な部分が大きかったのでこれから行く方の参考になればと思います。

無料の薪&レンタル品
160925 (40)
宿泊料金内に無料の薪も含まれています。
ひと晩には十分な量で、きちんと乾燥しているので燃焼も◎
そして寝具のマット(銀マット&クッションシート)、座布団、サンダル、毛布も各ティピーに置いてあり無料で使用可能です。
(毛布はちょっとアレなので寝袋持参推奨。寒ければ寝袋の上から毛布をかけるのもアリかと)
他にも火バサミ、着火マン、うちわ(火起こし用)、ティッシュまで置いてあります。

ティピー内には電球がひとつ。
そこから電源も取れるようになっているので充電もOK!
160925 (32)


駐車場・水場・トイレはこんな感じ
160925 (28)
右の建物、扉が閉まっているところがトイレ、空いているところが炊事場(水場)です。
トイレは外観から想像するよりもとてもキレイ(ただしほぼ屋外なので虫はめっちゃ居ます)で暖房便座付き。

炊事場(水場)にあるものは全て使用して良いそうです。
鍋・網・包丁・まな板・菜箸・カップ・調味料類などが揃っています。
160925 (27)
オーナー曰く「キャンプには邪道だけど電子レンジも置いちゃいました」
良いと思います^^

これも邪道ですがとっても便利、ポットまであります笑
160925 (31)
ドリップパックを持って行けば超気軽にコーヒーも淹れられちゃう。あ、カップも借り物です。

なんかもう色々便利過ぎて恐縮しちゃうくらいだね(^^;

中で火が炊けるなら寒さ深まる晩秋までそこそこ快適にキャンプできるんじゃないかな!?むしろこれからがシーズン的な。
あまりの素敵さと快適さにすっかりひと晩ですっかりティピーの虜になってしまいました(^^)

余談ですが、ネットのクチコミの中にここのオーナーが少々変人との噂があったのですが、私達は全然大丈夫でした。
強いて言えば若干ぶっきらぼうなのとボヤキが多めなので繊細な人にとっては苦手なタイプなのかもしれないです(^^;
予約の電話をかけた時もテンション低めに「はい、なんですか?」(名乗らない)とか、施設の説明をする時には「たまにホテルとかグランピングと勘違いして来る人が居るんですけどねぇ、違いますから。虫が入るとか言われてもねぇ・・・そりゃはいりますよ、入口開いてるんだから・・」とか、ぼやきキャラに慣れていない人だと自分が怒られているかのような感覚になってしまう人も居るかもしれません。
でも全然いい人なので!ボヤキをボヤキと捉えられる人なら全く問題ないと思います(^^)

と言うか、聞いているとティピーをグランピングの一種と勘違いして過度な清潔さとサービスを求める変なお客さんが多いんだなぁ、オーナー大変だなぁという印象が強かったです。
「寝ていたら蚊が入って来たとクレームを受けたことがある。そりゃぁ一部が開放されているんだから蚊くらい入りますよ!」
「真夏に中で焚き火をしたら暑いと言われた。そりゃぁ暑いでしょ!考えりゃ分かるでしょ!」
――全部オーナーの言う通りなんだよなぁ。

ティピー、調べてみると全国に宿泊できる場所が結構な数あるようです。
外観がキュートなのでグランピングと勘違いしてしまう人がいるのも分からないでもないですが、あくまで「中で焚き火もできる常設テント」以上でも以下でもないのでお気を付けあそばせ。
私達のようにキャンプ慣れしている人には「いつものキャンプに比べると超~快適!」ですが、ホテルしか泊まったないこと人とかはキツいかもしれません。半分屋外みたいなもんなので虫もトカゲも入り放題なのをお忘れなく。

周辺の風景
160925 (26)

160925 (29)

静かな住宅地なので夜~朝早くのバイクの出し入れは遠慮しましょう。
道路には街灯も少なく真っ暗な山道なので日没前に到着したいところです。私達はパンクのせいで日没を過ぎてしまい、あやうく見逃しそうでした。
160925 (30)


そんな快適なティピーを後に、雨の伊豆を走り帰路へ。

途中雨が止んだので稲取細野高原へ寄り道してみました。
160925 (9)

広大なすすき野原。
初秋でまだ青いですが、秋が深まれば奈良の曽爾高原(参考→2012.11.27後編「曽爾高原に出逢う」【143日目】)のような絶景になる予感・・・期待!

160925 (10)

160925 (33)

160925 (38)

160925 (39)

160925 (37)

よし、秋が深まったらもう一度来よう!
と思ったのですが、帰りの鬼渋滞ですっかり気持ちが萎んでしまいました(・ω・`)
数十キロの距離を超低速運転はバイクにはキツいです><しかも雨だったし・・・伊豆~小田原あたりはいつもあんなに渋滞しているのかな!?
(渋滞さえなければ)ぜひまた行きたい、伊豆ティピー泊の旅でした(^^)


スポンサーサイト

テーマ : キャンプ
ジャンル : 旅行

2016夏休み 道志ツーリング

今年の夏休みはポツポツと用事が入っていたので空いている2日間だけ利用して1泊キャンプツーリングへ。
160919 (24)
あまり遠くへは行けないので神奈川県相模原市の道志川周辺を目的地としました。


道志までの道のり、途中立ち寄ったのが座間市ひまわり畑
160919 (2)

日本一周中に北海道で満開のひまわり畑を見ることができなかった私のためにルートに加えてくれたそうです。
(参考→2012.07.24「早すぎた夏」【32日目】 )

入園は無料。
朝早かったのでまだ準備中でしたが、屋台も出ているようですね。
160919 (3)

背の高いひまわりを撮影する為にやぐらも設置されています(^^)
160919 (1)

曇りで薄暗いけれど設定いじっていじって・・・うん、それっぽい!夏っぽい!!
160919 (28)


そして目的の道志方面へ。
観光の前にまずは本日のキャンプ地でチェックインを済ませます。

今回利用するのは道志川沿いにある新戸キャンプ場
バイクや車の乗り入れ可、テントは持ち込み
1泊の料金はバイク1台300円+大人ひとり900円(8:30~翌10:00)
デイキャンプの場合はバイク1台150円+大人ひとり450円(8:30~翌10:00)

お盆休みの時季だったのでとても混雑していましたが、川沿いに良い感じのスペースがありました。
160919 (4)

目の前に川が流れています(^^)
160919 (5)

160919 (22)

対岸も人気のキャンプ場のようですね。テントみっちり・・・あんなに密集してキャンプしたくないなぁ(^^;
160919 (21)

新戸キャンプ場はすごくキレイという訳ではありませんが、サイトは広くロケーションは良い感じ。
160919 (20)

自販機あり。
売店は夏季のみの営業かな?
160919 (27)

ゴミ捨は全て持ち帰りとなります。
有料キャンプ場ならゴミ捨てさせて欲しいところではありますが、車やバイク横付け可のオートキャンプスタイルにしては安い設定なのでまぁ仕方ないですかね。

バイクとテント
160919 (25)


テントを設営したら身軽になったバイクで周辺観光へ(^^)

まずは大人気の道の駅・どうし
ここはクレソンが有名なようです。
ふむふむ、では昼食はクレソン料理としましょう。

クレソンの胡麻和え(左)、クレソンと豆腐のサラダ(右)
どちらも150円
160919 (6)
クレソンはクセが少なくて食べやすいです(^^)
抗酸化作用もあり、栄養価も高いそう。

クレソンつけ麺 470円
160919 (9)
むむ、程よい弾力で美味しい麺です。!
クレソン感はほとんど感じないけれど笑

クレソンケーキとクレソンジュース
210円と290円ですが一緒に買うと少し安くなるそうです。
160919 (7)
良いですね、どれも美味しく仕上がっています。
価格も良心的ですよね(^^)

こちらはふるさとそば 588円
山菜・きのこ、彩りにクレソン。
160919 (8)

道志は養豚も盛んなようで、屋外では道志ポークの串焼きや豚汁も。
160919 (10)

串焼きと豚汁のセットで600円
クレソン料理と対照的にこれはまぁまぁな値段するな・・・美味しいけれども。
160919 (11)


お腹が膨れたら周辺をぐるっと走ります。
山梨県大月市にある猿橋にやって来ました。
160919 (12)

日本三大奇橋のひとつ。
橋脚がない、ちょっと不思議な構造。
160919 (15)

実際に渡ることもできます
160919 (13)

かなりの高さ。これじゃぁ確かに橋脚は使えないもんなぁ。
160919 (14)


そして山梨県上野原市まで足を伸ばし、名物の酒まんじゅうを購入
160919 (29)
ほんのり甘く香る皮がとても美味しい。
中身はお店によりますが、ベーシックなのはあんや味噌など。
私達が行ったお店(というか、ほとんどのお店が閉まっていた。お盆休みだったのかな?)はひとつ80円でした。
好きなタイプの名物です(^^)


完全に日が落ちる前にキャンプ場に戻り、火を焚きます(*^^*)
160919 (23)

今年購入した焚き火台。
何回か使用しているのですがブログに載せるのは初ですね。
160919 (16)

ZAFIELD ファイアー スタンド 焚火台

新品価格
¥2,980から
(2016/9/20 22:36時点)



炎のオレンジって良いですよね~

蚊取り線香の香りも良いですよね~
160919 (19)

最近キャンプでは日本酒を飲むことが多いです。
冷たくても、常温でも、温めても美味しいですし、少量でもほんのり酩酊感が味わえるので(^^)
夏はビールも良いけれど冷たくないと美味しさ半減だし、トイレ近くなるし。あんなアルコール度数じゃ酔えないし。


今年の夏ももう終わりですね。
夕暮れの涼しさは心地良くもあり、切なくもあります。
160919 (17)

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

3連休 弾丸台湾【4/足つぼ・美容・お土産】

同日UP、3連休 弾丸台湾【3/台湾事情あれこれ】からの続きです。


【台湾足ツボマッサージ】
罰ゲームでもお馴染み!本場台湾足ツボのお時間ですよ~(^^)/

台北駅周辺で呼び込みしていたお店に入ってみました。
料金は30分400元

まずは渡された短パンに着替えて5分ほど足湯に浸かります。
※男性客もこのラブリーなリボン柄パンツです
160830 (29)

そして、いざ><!!
160830 (16)

あれ?全然痛くない(ノ゚ο゚)ノ
普通にマッサージされて気持いい~って感覚。
画像の脚がテッカテカなのはクリームをつけながらふくらはぎも同時にマッサージしているためです。なんだこれ、リフレクソロジー?全くもって無痛。

ちょっと期待外れ感はあったものの、眠ってしまいそうなほど気持ち良い30分を過ごしました。私は
以下、離れた席で施術を受けていた主人の感想を代筆します↓

--------------------------
痛かった。
マッサージ師は「格闘家ですか?」ってレベルのゴリマッチョ。

そのゴリマッチョが「フゥンッ!」と気合を入れて押してくる。
終始激痛。しかしこういうものなのだろうと必死に痛みに耐える。

が、時折我慢できないほどの激痛で反射的に「イタっ!!」と声が出てしまうほど。

するとゴリマッチョ「ア~、イタギモチイ、ダネ(^ε^c)」
「いや、痛い痛い!」
「イタギモチイ~、イタギモチイ~♪」
“いや、痛いっつてるだろーが!!”

「フゥンヌッ!」
「イタタ!!」
「ア~、ココガ イタイ ハ 胃ガ ワルイ(^ε^c)」
“いや、胃とかの問題ちゃうわ!!”

「イタギモチイ~、イタギモチイ~♪」
“痛い痛い痛い痛い”

--------------------------

激痛の、正に罰ゲームのような30分を過ごしていたそうです(^^;
痛いのを期待していたのに無痛だった私は逆にちょっと羨ましいのですが・・・

「でも罰ゲームじゃないんだから“弱くして”って言えばよかったじゃん?」
「いや、それは負けた気になるやろ・・・。
 まめさんも痛いの期待していたなら“強くして”って言えば良かったじゃん?」
「いや、こーゆーものだと思ったんだよね。
 少なくとも私の見える範囲では痛がっている客なんてひとりもいなかったから」
「そう言えば他に痛がっている人居なかったな・・・」

足ツボは健康なら痛くないとか諸説ありますが、ゴリマッチョが力を込めて押したらどんなに健康な人でも痛いんじゃないかな!?私の予想では恐らく“人を見て強さを変えている”のだと思います。
女性には無痛のリフレを、若い男性にはネタのような痛みを、みたいな?

主人の話ではその痛みは施術中のみならず、押された部分――特にふくらはぎは数日間アザのように痛みが続いたそうです。
お店を出たあとも生まれたての小鹿のようにプルプル歩いてたしなぁ。
足が痛くて階段使えずにエスカレーター探していたりしたもんなぁ。

ここまで痛いのはイヤだけどここまで強烈なエピソードが出来たなんてちょっと羨ましいと思ってしまいました(^^;
今度行く機会があったら「もう少し強くして」と言おっと!
逆にもし皆さんが台湾足ツボでゴリマッチョに弄ばれたら「もう少し弱くして」と言った方が良いでしょう。負けとかじゃないです笑


【台湾式美容】
台湾の伝統美容といえば糸を使って顔の産毛を抜く「挽面」が有名ですが、今回はネットの台湾ナビで見つけた毛穴ケアにチャレンジしてみたいと思います。

目的のお店がある龍山寺駅へ
160830 (19)

駅直結の地下街にあるこちら
160830 (17)

おう、なんか色々凄いな。
エステ店がフルオープンって違和感バリバリだけど突入します!

「すみません、この“粉刺調理”ってやつ、ふたりお願いします」

「ア~!ニキビ!ニキビ!
キレイキレイ ニキビ! 600元!OK?ニキビ!!」

ん!?ニキビじゃなくて毛穴掃除って聞いて来たんだけど??毛穴がキレイならニキビも出来にくくなるという意味では正解なのかな?よく分かんないけどOK(  ゚ ▽ ゚ ;)!(勢い)

よく見たらメニューの日本語訳、むしろ掲載しないほうが良いレベルで意味不明
160830 (18)

「粉刺調理(にきびにきびのスキンケア←?)」は
外から丸見え(ってかほぼ外)のベッドに横たわり施術。終始目をつむっている&何を言っているのか分からないので何をされているか不明なのですが、感覚的には超音波振動機で洗顔→マッサージ→パック→角栓取り→パックという約50分の流れだったと思います。
メインは角栓取りなのですが、これがま~強引。
金属製のヘラのようなものを毛穴に押し当ててグイグイグリグリ。力づくで角栓を押し出します。ちょっと痛い。
たまに大きな汚れが取れると「ワ~♪」とか言いながら見せてくれます(^^;
・・・多分日本では余計に毛穴が広がる“やってはいけないスキンケア”に分類されると思いますが、とりあえず今ある汚れはそこそこ落ちるので「ダメと知りつつ毛穴パックが好き」という人はこれも好きなんじゃないかなー。

最後に施術してくれたおばちゃんに名刺を渡され、
「ワタシ イチバン ウマイ!イタクナイ!」
更に日本のテレビが撮影に来たときの写真などを見せられて終了。


さて、ここでも主人に悲劇が。
術後の主人の左頬が腫れている(  ゚ ゚ ;)

そうだ、左頬にはひとつやや大きめのニキビがあったのだが・・・
「このニキビをヘラで20分くらいに渡って攻め続けられた。とても痛かった」
ニキビが潰れて、血が出て、周辺どころか頬全体がおたふくのように腫れ上がっている。
「また僕だけ痛い目に遭う・・・」
お、おう・・・ 

あとなんか知らんけど施術前にオバチャンが来て、
(眉毛を指しながら)「マユゲ」
(目を指しながら)「マツゲ」
(口元を指しながら)「ヒゲ」
(脇を指しながら)「ワキゲ」
(股間を指しながら)「マ○ゲ!チ○チ○ゲ!」
と言い、ヘヘっと笑いながら去って行ったそうです。

足つぼの件と言い、なんかとっつきやすい人柄なのでしょうか?ちょっと羨ましい( ̄∀ ̄)


【お土産】
弾丸で時間が無かったのと、帰りもLCCで荷物制限があったのでお土産は少量です。

まずは自分用に購入した台湾の万能常備薬「白花油
160830 (28)

虫に刺されたら患部に塗る、車酔いしたら匂いを嗅ぐ、頭痛のときはこめかみに塗る――と、幅広い使い道があるそう。台湾ではどこの家にもある常備薬だとか。
160830 (30)

湿布薬のようなスーっとした強めの香りがあります。
私が試してみたところ
・蚊に刺された→痒みが弱まったような気がする
・車酔い→軽度の酔いならスーっとして良いかも
・頭痛→効果なし。むしろ強烈な香りで痛み増?
という感じでした。肌につけるとハッカ油のようにスっとした清涼感を感じます。夏場はお風呂に入れても良いそう。


その他のお土産どん!
160830 (27)

一番のオススメは左下の「太陽餅」です。
本当美味しい、日持ちもする、パッケージもしっかり、なのに高くない!
このサイズの箱は確か5~6個入(個包装)で100元でした。空港で買うより台北市内で買ったほうが安いです。

太陽餅の上にあるのは「老婆餅
太陽餅と似たようなお菓子なのですが、あまり見かけず価格も高い。太陽餅があれだけ美味しかったのならそれより高級な老婆餅はさぞかし美味しいに違いない!と思ったのですが、あんまりでした(・ω・`)
不味くはないんだけど、比べれば断然太陽餅推し!

右上はバラマキ用に定番のパイナップルケーキ、
右中央は自宅用に台湾のインスタントラーメン、
右下の細々したお菓子は主人の甥っ子用です(^^)

-----------------------------------

台湾は――
最初の記事でも書きましたが、兎に角暑かった!

帰って来て思ったのは「日本も暑いけど、常識的な暑さ」だということ。
35℃を超えても耐えられないほどじゃないし、日が落ちれば気温が下がって朝晩の屋外は気持ち良い。

台湾は非常識な暑さだ。
耐えられない、観光を取りやめようかと考えるほどの暑さ。そして朝晩ももれなく暑い。
体感温度は昼間40℃、朝晩35℃と言ったところか。

台湾旅行、気軽に行けてオススメです(^^)
でも夏は避けたほうが良いよと強く申し添えて3連休 弾丸台湾旅行記を終了させていただきます。


テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

3連休 弾丸台湾【3/台湾事情あれこれ】

写真の枚数的に収まるかなと思っていたのですが、文章起こしたら長くなってしまったので台湾編は1~4の編成となります。最初は前編・後編のみの予定だったのにとんだ無計画ヤローですね(^^;
3・4は同日アップしますので両方お楽しみ頂ければ幸いです。


【台湾バイク】
台湾はバイクが多いです。そのほとんどはスクータータイプ。
160830 (5)

日本のバイク屋の前の路上ばりにずらーっと停められています。
160830 (6)

160830 (4)


【台湾コンビニ】
街中にはコンビニ、特にセブンイレブンが沢山ありました。
2日目の朝は食堂や良い感じの屋台が無かったのでコンビニで調達してみることに。

160830 (7)
左上から台湾粥、ヨーグルト、右上はスーパーで購入したグァバ
左下はボリューミーなおにぎり、そして太陽餅

食べる前にちょっと感動したのがこちらの・・・
160830 (10)
       ↓
160830 (11)
お弁当用袋!
淡いブルーの不織布に切り込みが入っており、端を持ち上げるとびよーんとメッシュバッグに。
温めたお弁当でも袋内が蒸れないし、下ろしたらそのままランチョンマットっぽくもできるし良いじゃない!・・・何買ったかはバレバレですが。

そしてそのバレバレなお粥がこちら
160830 (8)
味がしっかりしていて日本で言うところの雑炊みたいな感じですね。


グアバの食感は少しパサついたりんご、味は薄い梨のような感じでかなりあっさりした味。
マンゴーのように甘いデザートというよりはサラダに入れても違和感のないサッパリ果実。
160830 (9)
しかし写真のように梅パウダーが添付されており、これをかけると劇的に味変します!
甘酸っぱさが引き立ち何とも言えない美味しさ(^^)
台湾でカットグアバを購入するとこの梅パウダーは高確率で付いて来るそうです。

ヨーグルトは日本の味と変わらなかったので割愛。

おにぎりの味は概ね見た目通りかなぁ。肉がちょっと臭みが強くて苦手かも・・

太陽餅はとても好みの味!
クッキーとパイの中間くらいの食感の生地が素朴な甘さで美味しかった(°∀°)b なのでお土産にも採用☆彡
(ポロポロこぼれるので人前で食べるときは注意)


【コンビニ/レジ横周辺の闇】
日本のコンビニのレジ横といえばホットスナック(揚げ物)やおでん、中華まんなど。

それらのコーナーは台湾にもあるのですが・・・クサい
台湾はそこかしこが謎臭に包まれているのですが、コンビニも異臭スポットのひとつ。

まずは一番臭気の穏やかな蒸し器を見てみましょう。
・・・左上のヤツ、膨らみすぎじゃない(゚Д゚)!?隣のヤツの倍はあるじゃん!
一体何日蒸かしているんでしょうねぇ・・・廃棄の規定とかはあるのでしょうか??
160830 (25)

ひとつ食べてみよう!(流石にあの膨らみMAXのヤツは無理だけど)
160830 (24)
これは美味しい!
ほんのり甘い中華まんの皮のみって感じ(^^)優しくて好きです。


そしてどのコンビニでもひと鍋使って大量に煮込まれている卵
160830 (1)

160830 (2)

ごめんなさい、率直な感想“美しくない”と思ってしまう気持ちは偽れない(><)
これは「茶葉蛋」と言って、黒い煮汁はスパイスやお茶でできているそう。
真っ黒の汁にひび割れた卵。そしてこれが何とも言えないニオイ。
160830 (3)
私はビジュアルで食べず嫌いしてしまいまたが主人が購入していました。
普通の煮玉子にほんのり紅茶っぽさや漢方っぽさがプラスされた味で、見た目ほどクセは無く美味しいそうです。

そしてコンビニ内で臭気の頂点にいると思われるのが“おでん”
日本の澄んだ出汁を思い浮かべてはダメです。味噌おでんとも違います。
またもや汁が真っ黒です。そして獣臭さとスパイシーさの混ざったような香り・・・個人的には臭豆腐よりアウトです。

ショックが強過ぎて鍋の写真を撮るのを忘れてしまいました。
汁も不明だしラー油みたいなオレンジの油浮いてるし具材も不明だし臭いは怪しすぎるし・・・ちょっと日本人観光客にはハードル高いかもしれませんねぇ―――

――― って買ってるし!
160830 (26)
主人は割と果敢な食チャレンジャーのようです。
私は本当に臭いが無理で食べられませんでしたが、味が濃くてとてもスパイシーだそうです。

・・・因みにこれ、帰りの空港での写真。
このおでんのせいかは不明ですが、1時間後に主人は猛烈に体調を崩しました(・∀・;)


【街での食事】
夜市での屋台料理をメインに来ましたが、昼間は当然街中で食事をとることとなります。
キレイなレストランよりもこーゆーお店のほうが気になるよね(^^)
160830 (14)

よくわからないけれど指差しで青菜炒めと麺を注文してみました。
160830 (13)

青菜炒めはレタスの炒め物でした。
皿に「おいしい」って書いてある(笑) と思ったら色んなお店で同じお皿を見かけました。
160830 (12)
麺は普通だったけど、トッピングされていた肉塊が獣臭かった><


これは別のお店で食べた刀削麺の特級牛肉トッピング
160830 (15)
この肉は普通に美味しく頂けました。

こちらは台北最後の食事、台北駅のフードコートにて「夜市セット」的なもの
160830 (22)
全体的にイマイチ(^q^;)

こちらもフードコートにて、豆花(トウファ)
160830 (23)
日本でも割と有名ですね。
簡単に言うとスイーツ仕立ての豆腐、って感じです。HOTで美味しかった。


食事は美味しいもののあり、普通なものもあり、無理なものもあり、
総括すると・・・う~ん・・・「台湾料理大好き!」とは言えないですが「超美味しいものもあるし、ぶっちゃけ不味いものあるけど、日本では見たことないようなものが多くて面白い」かな。
ハズレ料理も楽しむ気持ちで食旅すると面白いと思います(^^)


【台湾茶】
凍頂烏龍茶・東方美人などに代表されるように台湾はお茶が有名。
お茶屋さんに行ってみよう!

緑茶も烏龍茶も紅茶も全て同じ茶葉からできていると言うのは有名ですが(不発酵=緑茶、半発酵=烏龍茶、全発酵=紅茶)、烏龍茶の中でも更にその発酵度合いによって軽発酵・中発酵・重発酵と分かれているそうです。

今回は重発酵のものをセレクト。
言葉が通じないながらも身振り手振りで入れ方を教えてくれます。
160830 (21)
香りが良い!気がします^^
テーブルでお湯を沸かしてくれるので同じ茶葉で2人×数回分淹れることができます。

お茶請けにさきいか。
「このさきいかっぽいお茶菓子なんだろう?」と注文したらさきいかだった(^^;
160830 (20)

茶葉が260元、お茶請け(小)40元
麺類が50元くらいから食べられることを考えると台湾茶はかなり高級ですが、ゆっくりとした時間と香り高いお茶が楽しめるので猛暑と喧騒の街中を歩いた後の休憩には最高です(^^)


3連休 弾丸台湾【4/足つぼ・美容・お土産】に続きます。


テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ