スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小笠原諸島 3】シーカヤックと父島物価調査

【時系列】
※ 表の右側、青矢印が本記事に対応する箇所
赤字はツアー参加、黒字は個人行動
2016y12m04d_205828319.jpg

昼食を済ませたら宿に戻りシーカヤック用の服装に着替えた。
水着の上に長袖のラッシュガード、10分丈のレギンスに短パンを合わせ、帽子をかぶり首には手ぬぐいを巻く。手袋まですれば露出度ほぼゼロの紫外線対策スタイルの完成。
リゾートとは程遠い服装だけれど、突き刺さるような小笠原の日差しにはこれくらいしてもやり過ぎではないと思う。

約束の13:00にシーカヤックツアーの車が宿まで迎えに来てくれた。
今回お世話になったのはアキビーチシーカヤッククラブさん。
161204 (5)

今日は私達ふたりのみだそう(^^)
大村地区から10分ほど車で移動、扇浦海岸からスタートします。

扇浦海岸と私達が乗った二人乗りカヤック
161204 (6)

カヤック後方に荷物を積むことができます。↑の写真は小物類をまとめて入れた防水バッグとシュノーケルセットを積んでいます。アキビーチシーカヤックではツアー参加時に防水バッグとシュノーケルセットも無料で貸してくれます(^^)

陸上で準備体操とパドル操作のレクチャーを軽く受けたら海上へ。
特に操作は難しくはないので10分ほど浅瀬で練習をしたら島に添いつつ深い場所へも漕ぎ出します。

この青い水面に限りなく近い場所を漂っているというのは何とも言えず気持ち良い!
161204 (8)

因みにカヤックは転覆することはほとんどないらしいのですが、さすがに一眼を持ち込むのは怖かったのでカヤック関連の写真はスマホで撮影しました。
(↓スマホはこの防水ケースに入れて首からかけていました)

【ラスタバナナ正規品】 スマートフォン用 防水ケース IPX8 Mサイズ 4.7インチ対応 ネックストラップ付

価格:950円




途中、小さな入り江に上陸し、カヤックを降りてシュノーケリング
161204 (15)
陸から見るとすごく地味~な場所ですが水中はお魚天国!
サンゴも豊富で潜ってすぐ竜宮城、って感じです(^^)
ここは陸からは来れない場所なのでシーカヤックツアーならではのシュノーケルスポットですね!
主人は初シュノーケリングだったのですが、やり方も教えてくれるので初めてでも大丈夫。

シュノーケリング後は陸で身体を暖めつつ休憩。
おやつも用意してくれました。
161204 (16)
クラッカーに島レモンのジャムをのせて。すごく美味しかった!

休憩を終えたらスタート地点である扇浦へ戻ってゆきます。

途中の境浦海岸沖。
写真中央にある錆色の塊は沈船。
161204 (7)
ここは明日シュノーケリングで再び訪れます(^^)
境浦海岸付近はかなり魅力的
161204 (9)
※翌日境浦海岸から撮影した写真

扇浦海岸に戻ったらカヤックを引き上げて終了。
初シーカヤック体験、こんな感じのコースでした
161204 (10)
シーカヤック半日コースはひとり税込5,000円
今回お世話になったアキビーチシーカヤッククラブさんはすごく良い会社なんじゃないかな。オススメです(^^)

このツアー自体はすごく楽しかったのですが、個人的に“カヤック”のみに焦点を当てるとカヤックはもういいかなー。海面を行く楽しさはあるのですが、漕ぐの疲れるし結構酔うし・・・カヤックにすら「モーター付いてたらいいのに」とか思ってしまった私は完全に自転車より原付派です、はい。
自力で進む達成感?なにそれ(〃▽〃)


車で宿まで送ってもらうと時刻は16:30を過ぎていた。
時間があればカヤック後に原付で島一周をしようと思っていたのですが、日没まで1時間を切っていたので一周は明日へ見送り。

しかし夕食まではまだ時間があるのでちょっとうろうろ、まずは商店を覗いてみることに。
大村地区には飲食店・土産物店の他、スーパーや生協、小さな商店やお弁当屋などもありぐるっと見てまわるだけで楽しいです(^^)
161204 (4)

特にスーパーや生協に並ぶ品物はおがさわら丸で本土から運ばれるため、入港日である今日が一番品数が豊富とのこと。
離島のスーパーってどこも特徴的で興味深いんですよねぇ。

本土に比べて物価が高いのは離島の宿命ではありますが、さて父島は・・・
161204 (2)
  
    (°_°)

      Σ(°_°)

野菜高っ!!

いやいや、確かに2016年現在は本土でも野菜は高騰しているけども!
おがさわら丸での輸送費も上乗せされているだろうけども!

注目頂きたいのは『お買い得』価格でこの値段だと言うこと。
値引き前のレタス660円はヤバくない?
父島で一番高価な食べ物はグリーンサラダかもしれない。

「流石にこれはありえないでしょ。どーせ業務用に何個か箱詰めされたものの値段でしょ?」と思った方もいらっしゃると思いますが・・・
161204 (1)
残念ながら普通の量です。水菜ひと束498円。
安い時期なら48円とかで買えるあの水菜です。
もちろんレタスもブロッコリーも1個であの価格。

161204 (3)
その他の食品は一般的な離島と同じくらいでしたが、野菜――特に葉物は爆発的に割高でした。
あとはレジ袋が1枚10円とこれまた割高なのでビニール袋は持参されることをオススメいたします。

入港日のスーパーは島民の方の戦場となっていたので観光客である我々はチラッと覗いて早々に退散。
日の入り時刻に合わせ、三日月山という単純ながらも郷愁を誘う名前の山にある展望台へ行ってみることに。
161204 (11)

宿から原付で5分ほど、ウェザーステーションと呼ばれるそこには同じく夕陽を見に来た人が既に十数人、西の空を眺めていた。
170305 (17)

このウェザーステーションはグリーンフラッシュ(太陽が沈む直前に一瞬緑色に光る現象)が見られる確率が高いことでも有名。ただ確率が高いと言っても年に数回あるかないかのとても珍しい現象、見れることは期待していませんが・・・

161204 (12)
今日は残念ながら水平線近くに雲がかかり綺麗な夕陽は見ることができなかったけれど、どこまでも続く静かな海の上にかかる朱から青灰色へのグラデーションが印象的だった。

161204 (13)
雲に隠れた太陽が沈みきると海は更に静けさを増したような気がした。
もちろん周りには何もない。本当に絶海の孤島なんだと感じると、嬉しいような、切ないような、どこか怖いという気持ちも入り混じる。

161204 (17)
映画のエンドロールが終わった後のような日没の余韻でした。
これ以上待っていても隠れエピソードが見られることはないので完全に暗くなる前に宿へと戻ります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

旅先での夕焼け

夕陽もそうですがオレンジ色に染まる空を見ているだけでも感慨深いものがありますね。
旅先で綺麗な夕陽など見れたらそりゃあもう疲れなんて吹っ飛んじゃうくらい。
でも今年は旅先で夕陽に出逢える確率はほぼ皆無でした〜(^◇^;)
台風の当たり年でしたからね。
(日頃のおこないでしょうか・・・\(//∇//)\)

来月こそは海で山で夕陽に出逢えるようになりたいものです!
そうそう、我が家のビーノ125君はついに6.1万キロでエンジンにガタが来てしまいました。
とは言え車体はまだまだイケるので安い中古エンジンを見つけ先週末に何とか二日がかりで載せ換えました!
今年は短期間で福井県へ北海道へ石川県へと随分酷使したので悲鳴をあげたんでしょうかね(笑)
私の体重が一番の要因でしょうか⁉︎減量しないと。。。

でもこれで目指せ10万キロが何とか現実的になって来ました!
来年も全国のダムカード(ダムカレー⁉︎)をゲットしにビーノ君でツーキャンと温泉目指したいと思います‼︎

キレイな海に綺麗な空♪

ここにしか無いものが沢山あるんでしょうね(^^)b

しかし野菜の適正価格は知らないのですが、10倍は凄まじいですね…Σ(゚д゚lll)
その他の食料品&飲料品も凄いのでしょうか…!?

ひょっとしてガソリンも…Σ(゚∇゚;)エッ?

Re: 旅先での夕焼け

aloha_yamadayaさん

そういえば私も今年の夏はツーリングで夕陽ほとんど見なかったかもしれません。
パッとしない天候が多かったですね(^^;

ビーノ君は大切にされて幸せですねぇ(*^^*)
約6万キロ、日本6周分程の旅を共に過ごしてきたんですね。凄いです。

ダムカードコレクターですか(^^)!?
早く暖かくなって欲しいですね!

Re: キレイな海に綺麗な空♪

OKUさん

“ここだけ”が沢山ある島でした(^^)

凄まじいですよね・・温暖なので家庭菜園でも高原野菜は作れないでしょうし、住んだら高額でも買うしかないのでしょうか(^^;

ガソリンは一時は200円台だの300円台だの言われていましたが、この時期は価格安定していました(^^)
と言っても170円/ℓくらいなので安くはないのですが、離島としては想定の範囲内の価格で一安心です。

楽園

なかなか味わえない世界だね、遠い南の島に流れ、原動機付き最高!

Re: 楽園

風ささきさん

手軽さ・小回り・価格、
原動機付き最高ですね(^^)!
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。