【小笠原諸島 9】父島 戦跡ツアー

父島到着3日目の午前中は山へ。
戦跡ツアー(半日コース)を予約しました。

【時系列】
※ 表の右側、青矢印が本記事に対応する箇所
赤字はツアー参加、黒字は個人行動
170727 (33)


お願いしたのはこちらの八海さん。
少人数、半日コースを主としている戦跡トレッキングツアーです。
定員が1~4名なので団体行動が苦手な私達向きかなと笑
この日は私達だけでした。

半日コースで一人4,500円
途中ぞろぞろと大人数を引き連れているツアー会社ともすれ違ったのですが、個人的には少人数ツアーの方が説明もゆっくり聞けるし歩くペースも自分達中心にできるので良いのではないかなーと思います(^^)

-------------------------

朝、宿まで車で迎えが来て目的地まで。
到着したのは夜明山。峠から山に入り散策をするようです。
170727 (32)

見た昨日首なし金次郎像の近くです。
像のすぐ近くの茂みには通信隊の発電所跡が。全く気付かなかった・・・
170727 (2)

近くにある初音浦展望台。
名前のとおり、島の東側にある初音浦という海岸を望むことができます。
170727 (1)

ここからは西側方面を散策して行きます。
最初こそハイキングコースのような道でしたが、
170727 (3)

途中からは完全に自然な山の中。
案内なしでは遭難してしまいそうです。
170727 (0)

植物はよく見ると小笠原固有種もありますが、パッと見渡す限りは一般的な日本の山の雰囲気。
年間を通して温暖な気候ということで熱帯雨林のようなイメージがあったのですがそんなことなかったです(雨量や地形を考えれば分かることでした)
この辺はちょっと熱帯植物っぽいかな?
170727 (21)

これはマルハチという木性シダ。
八の字を○で囲ったような模様だからマルハチ。
170727 (10)

正確には逆八の字かな。
170727 (11)

そんな山の中には豪の中に山砲が残っていたり。
170727 (31)

170727 (4)

170727 (5)

170727 (8)

昔の瓶や食器が残されています。
170727 (9)

170727 (18)

170727 (19)

これは土嚢かと思いきや・・・
170727 (6)

触ってみるとカッチカチ。
170727 (7)
セメントの粉を布袋に入れて積んでいたものが戦後放置され、中身は雨で固まり外の袋は風化で消滅したものだろうとのこと。
袋のシワそのまんまのカタチで固まっているので見た目と触感の違和感がすごい。


どんどん奥へ進んで行きます。
自然の中に所々人工物の跡が。
170727 (12)

170727 (16)

170727 (17)

見るだけじゃなく中に入ったり触れたりもできるのでとても楽しいです。
170727 (13)

170727 (14)

この大きな穴の中にあったのは高角砲。
170727 (15)

ここは夜、暗闇の中迷わず進めるように掘られた溝道。
170727 (20)


そんな山道を進んでいると島の西側が見渡せる場所に到達。
170727 (27)

170727 (22)

170727 (23)

170727 (26)

絶景。
山も想像以上に楽しいけれど、海の青もやはりテンション上がります。
170727 (24)
正面に見える周囲より明るい色の海面は昨日シュノーケリングをした境浦海岸。
あの沈船のあるとても綺麗な海岸です。

これは参考資料として見せてもらった写真。
今は海面にほんの少しだけ顔を出しているのみの沈船ですが、数十年前は船体のほとんどが露出していたそうです。
170727 (25)

再び山の中へ。
ここは入口は狭いですが
170727 (29)

中は何室にも分かれた大きな豪でした。
170727 (30)


全部は紹介しきれませんが、これで戦跡ツアー半日コースは終了。
海目的で行った小笠原ですが、山もとても興味深いスポットでした(^^)

歩いたのはトータル2時間くらいかな?
山中の勾配は緩やかで疲労感はほとんどありませんでした。
また、山の中は直射日光が届かないので思っていたよりも暑くなく、今回のコースなら帽子も不要。
服装も長袖長ズボン+スニーカー等、ハイキング程度の軽いもので大丈夫そうです(^^)
上は半袖でも特に危険は無さそうですが蚊が多いので虫除けがあると良いかもしれません。
懐中電灯は八海さんで無料で貸してもらえます。

-------------------------

戦跡には直接関係ないのですが、山の中で見かけたコレは野良猫を捕獲するための罠。
170727 (28)

野良猫が捕食することにより小笠原固有の鳥が絶滅の危機に瀕したことから『小笠原ネコプロジェクト』として野良猫を捕獲(保護)、動物病院等で人に馴らし本土に輸送・譲渡されるそうです。
これから猫飼いたいなーって方はこういう所からお迎えするのも良いと思いますよ(^^)
HP→小笠原ネコプロジェクト


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

No title

来週下北半島に行くので色々なブログを見ていたら面白いブログに遭遇してしまい仕事時間中3日で全部見てしまいました。
ずっと読んでいるうちに知り合いのような気がして竿灯の時に家に寄ってくれたら良いのになんて思ったりしてましたw
将来の旦那さんに出会えてるから余計なお世話ですね。

綺麗な文章が読みやすかったです。

父島

良いですね!
今の旅が終わったら行ってみたいです!!

バイクでなくとも

トレッキングもなかなかいいもんですね(^ω^)
普段はバイクで景色見ながらトコトコって感じですが自然の中を歩いての散策もなかなか楽しいそうで。
流石にオフロードバイクでもないとなかなか山道に入らないですもんね。
とは言えスクーターで知らないダート道を進む時のワクワク感はやめられませんが^_^;
ちなみに来週末からまたビーノ125で稚内帰省ツーリングしてきます!

No title

「おがさわら丸 船酔い」ってググってみたら、まめさんのブログにぶつかりました。父島にいってみたくなりました。母島に旅行される予定はおありですか?

Re: No title

秋田のじじいさん

訪問・コメントありがとうございます(^^)
そう言って頂けると書いていてよかったなと思います。

Re: 父島

ごんぞーさん

父島最高ですよ(^^)
ぜひオススメです!

Re: バイクでなくとも

aloha_yamadayaさん

たまには歩きも良いかもです^^
バイクでも歩きでも知らない道ってワクワクしちゃいますね(^^)
北海道帰省どうでしたか?

Re: No title

どらえもんさん

訪問・コメントありがとうございます(^^)
母島はいつか行ってみたいのですが現実的に数年間は叶いそうにないかな~といった感じです(^^;
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ