【伊豆諸島 1日目】 アートアクアリウム展からの・・

8月某日。
東京で開催されているアートアクアリウム展に行ってみた。

DSC_0576.jpg

DSC_0584.jpg

東京日本橋で開催中。
金魚を使ったアクアリウムだそう(^^)

DSC_0594.jpg

金魚っていいよね。
そもそも品種改良された金魚自体が日本人が長年かけて作った美術品のような気もする。
130901 (6)

130901 (7)

広さ的には本当にビルのワンフロアのみ。
130901 (9)

130901 (10)

光や音も重なる演出
130901 (12)

130901 (13)

写真イマイチでしょ?笑
だってこんなに混んでるんだもん。
130901 (8)

も~もみくちゃ!
展示物の前では一歩も動けないくらい。
8月といえどもお盆からは外れているのでここまでだとは思わなかったよ・・

130901.jpg

なかなか面白い展示だと思います・・・
人さえ少なければ><




さてさて、夕刻になり向かうは竹芝桟橋。
DSC_0575.jpg

ここから今夜、フェリーに原付乗っけて伊豆諸島に旅立ちます(^^)
1日目ってのは伊豆諸島巡りの旅:1日目、ってこと!


因みに23時発のフェリーなのにこんなに早く東京入りした訳は・・・

130901 (14)

130901 (15)

夕方のゲリラ豪雨!
これを避けるためお昼過ぎに東京入り、時間が余ったので一度桟橋に原付を置いてアクアリウム見に行ってきたわけです(^^)


さてさて、簡単に今回の旅の概要を。
伊豆諸島や小笠原諸島に行くには東海汽船のフェリーを使用します。
今回は同じ航路上にある大島・利島・新島・式根島・神津島の5島を巡る予定。

大型客船と高速ジェット船の2種類がありますが、ジェット船には原付積めないので今回は必然的に大型船で移動していくことになります。
2013y08m16d_140325596.jpg

一周中の如く行き当たりばったりの旅にしたかったのですが、東海汽船の船に原付を積むには3営業日以上前の予約が必須。
というわけで出発時点で前半の航路は予約済み。
まずは同航路で行ける最南の神津島へ、その後北上してゆく計画です。

東海汽船は他のフェリー会社と異なる点が多く、予約なしでは絶対に原付載せてもらえなかったりするので伊豆諸島方面にツーリング行こうかなーって方はくれぐれもご注意ください。
当日も23時出航なのに原付は21時までに預けなければいけなかったりと色々面倒です。


ま、面倒でもここまでは東海汽船のHPに書いてあることなので良いんですよ。


ただね、いざ原付預けようとしたら

「じゃぁ原付預かりますんで積んである荷物全部降ろしてください」

 へっ!?


久里浜―千葉も、青森-北海道も、長崎―熊本も、鹿児島―屋久島も、鹿児島―沖縄も、
フェリーには荷物積載したままのバイクで乗り入れるのがデフォだったのに!?
フェリーって全部そーゆーシステムじゃないの!?


―――なんでも、東海汽船ではバイク類は持ち主が乗り入れるのではなく、桟橋でコンテナに入れ積み下ろしもスタッフがやるとのこと。
だから荷物は全部降ろして・・・って何で?積んだままじゃダメなの??
えーヤダヤダ面倒臭い!


・・・・


まめ「・・・いや、この箱外れないんですョ(嘘)」


おっちゃん「いや、外れるでしょ?」


無駄に抵抗するも1秒でバレた(・∀・;)




結局荷物全部降ろしてカブを預ける。
残った大量の荷物(推定30~40㎏)は自力で船内に運びます。
本当にバイク本体以外はヘルメットすら預かってくれません。

うん、そういうシステムなら仕方ないよね。
でもだったら事前に言ってくれないかなぁ!?
せめてHPや約款にでも書いておいてくれればちゃんと読みますよ(ノД`)?
分かっていれば箱を金具で固定するor運びやすいパッキングを考えてきたのに!

現場でいきなりこれは・・・どー思います?
これがフェリーの常識ってならアレですが、日本では東海汽船のシステムの方が稀有だと思うの。




そんなモヤモヤする気持ちを桟橋でお酒にぶつけた後、フェリーに乗り込みます。
(因みに原付預入期限が出航の2時間前なので必然的に2時間待たされます)
130901 (16)

2等和室
この後すぐ満席になりました。
130901 (17)

23時、東京の竹芝桟橋を出航。
翌朝9時に神津島着の予定です―――


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

♪(*●´▽)ノ行ってらっしゃぃ

まめさんの旅ブログが、また始まるのですね(^^)

楽しみにしてますので、素敵な旅をしてきてくださいね~

いよいよ!

リトルカブちゃんでの離島巡り、いよいよ始まるんですね!!
そうでなくっちゃ!!
言ってくれれば大島くらいまででしたらお供したのにぃ(笑)

前にもコメントしましたが、フェリーに乗り込む時って何かワクワクしちゃいますよね。
今回の東海汽船での積載物降ろすのはちょっとブルーになっちゃいますけど。。。

それにしても荷物30Kg~40Kgとは結構な重さになっちゃうんですね。
先日の私の原付二種での北海道では、私の体重が0.1トン近くなせいもあるのですが、普段乗っけない荷物(極力軽くしたつもりでしたが)の重さも加わった事もあり、途中で(茅ヶ崎から出発して1500kmくらいで)タイヤが丸坊主になっちゃって帯広のバイク屋さんで交換するハメになっちゃいました(泣)
(タバコやめたら一気に10kgくらい太っちゃって。。減量しなきゃってつくづく思った次第です!)

離島での旅、おおいに楽しんできてくださいネ!!

彼女とカブと島旅

続編が楽しみです。
島の移動もカブでスイスイですね。
もう無事に帰宅されてるんですよね?
明日もいい旅を。

ご愁傷様でした!

荷物の件は…ご愁傷様でした。
フェリーのルールは、会社によって様々!
Dr以外の人間の乗降は、車と一緒の会社もあれば、人間だけ別の会社も。
利尻・礼文・奥尻を運行するハートランドは、乗るときは別に!降りるときは一緒に!などもあるので…
でも、まめさんの言われるように、事前に教えて欲しい情報ですね!
何にせよ、離島観光を楽しんでください♪

No title

もはや期待感が「水曜どうでしょう」か「mameのブログ」かって感じになってきました(笑)
いつかベトナムの旅を・・・w
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ