【伊豆諸島 7日目】大島一周と“東京砂漠”

夜中にテントが浮き上がるほどの強風で目が覚める。

これはやばい!中に入っていてもテントごと飛ばされてしまいそうだ。
急遽荷物で重石をしながらペグを打ち付ける。

やはりペグの効果は絶大でその後は時折轟々と響く風に不安を覚えつつもテントが浮き上がるようなことはなく就寝。

朝には風も収まっていました(^^)
130901 (161)
昨日の天候から風も予想してこの石垣に沿うように張ったのですが風は石垣とは反対の写真手前側から吹き付け、あまり壁の意味なかったかな。



あ、大学生と思われるグループのテントは・・・
130901 (163)
夜中に倒壊したようです(^^;
本人たちは朝まで車に避難していたみたい。


そしてソロチャリダーさんのテントは・・・
130901 (162)
うん、流石です。
就寝前とテントの向きが変わり尻尾が風上側に向いていることから夜中に向きを変えてペグを打ち直したのかな?

装備がコンパクトってのもあるけれど、ソロキャンパーは何が起きても自分ひとりで解決しなきゃいけないって心構えがあるから荒天時や緊急事態にも強いよね(^^)


朝まで雲は残っていたものの、今日は晴れそう!
130901 (164)

晴れた!
大島一周に出発です。
130901 (165)

この旅最初で最後の自画撮り。
ちょっとお気に入り(*^^*)
130901 (166)

トウシキキャンプ場から反時計回りに走ってゆきます。

まず右手に見えてくるのは筆島。
真ん中にちょこんと見える小さい・・・岩(だよね?w)が筆島です。
130901 (167)

そして道は山に突入。
気持ちいいね(^^)
130901 (169)

130901 (168)


しばらく走っていると『月と砂漠ライン』の標識が。
130901 (170)

三原山の砂漠見て見たかったんだよね!
横道に逸れ、それはもう結構酷な道を登ること数キロ・・・
130901 (171)
なにこの鎖。
・・・泣く泣く引き返しました><


椿資料館に寄ってみるよ。
130901 (174)

大島といえば椿ですが、こんなに種類あるんですね
130901 (172)

130901 (173)


そして無料の動物園も併設されていたので覗いてみましょう(^^)
130901 (179)

カメだらーん。
130901 (178)

レッサーは安定の可愛さ
130901 (177)

動物はむやみに首かしげちゃダメ!
も~可愛過ぎちゃうから!
130901 (175)

ロバに癒され動物園を後に。
130901 (176)

しかし無料の動物園ってすごいよね(^^)
あ、我が神奈川県にも横浜に無料の野毛山動物園ってのがあるので皆様ぜひいらしてください。


動物園のあとは島内MAPに載っていたリス村へ
130901 (180)

大量のリスと触れ合えるらしいのですが、なになに?入園料800円?
・・・無料の動物園を見た後にリスのみに800円を出す気にはなれなかったorz
順番が逆だったら入っていたかもだけど・・

お、そんなことをしていたらお昼時。
ここからは食べ歩きです。

まずは偶然見つけた洋菓子店
130901 (181)
前に雑誌で見たことがある店だ!
都内の高級ホテルで修業した名パティシエのケーキが食べられるとか何とか(以前見た雑誌の記憶なので違うかも)

というわけで覗いてみます。
おおー、確かにどれも美味しそう。
正直“町の洋菓子店”のケーキってデザインが一昔前だったり仕上げが荒かったりのイメージなのですが、ここのは都会感があって良さげ。

シンプルにパイシューを頂いてみます。
130901 (183)

あ、美味しい!
ここは良い店だきっと!
大島では昨日の港鮨と並んでオススメします(^^)

お次は空港の近くにある牧場
130901 (182)

130901 (185)

特製ジェラートを。
上段が伊豆諸島名産のパッションフルーツ、
下段はここの牧場産のミルク。
130901 (184)
ご当地アイスもまた旅を盛り上げる要素のひとつである(^^)


ご飯ものも食べておきましょ、フレンドハウスという食事処へ。
130901 (186)

べっこう丼を頂きました(^^)
130901 (187)

130901 (188)


食後は近くの御神火温泉でさっぱり!
130901 (189)
ここの入浴料は通常1,000円ですがGHもりおの家で半額でチケットを購入できるんですよ(^^)

夕方近くまでまったりしたらキャンプ場に戻ります。

途中のバームクーヘン断層。
130901 (190)

130901 (191)

ここは昨日も通っていたのですが雨でそれどころじゃなかったからw
改めて眺めるとすごいですね。これなんて本当にバームクーヘンみたい。
130901 (192)

大島一周完了。
キャンプ場に戻ってテントに入ろうとすると地元のカブ乗りのおじちゃん登場。
「これお姉ちゃんのカブ?じゃぁ原付で行ける良い場所教えてあげる!」

ふむふむ、でも今一周してきたしなぁ・・・もう夕方だしなぁ・・

「絶対見た方がいい!日本でもここでしか見れない絶景だよ。
 しかも車や徒歩じゃ行けないから、行くなら原付持ってる今だけだよ!」

はーん!そんなこと言われたら行くっきゃないじゃないですか!!

おじちゃんを見送り・・・
130901 (193)

今朝通った道を再び。
まずは筆島を臨んだあの道。

横をよく見ると別の道が・・・
130901 (197)

130901 (194)
これは教えてもらわなきゃ気づかなかったな~

130901 (195)

130901 (196)
より海岸に近づける気持ちの良い道でした(^^)
因みにここは道幅は狭いですが車でも行けます。

お次はいよいよ“原付でしか行けない”絶景ポイントへ。


大島一周道路の裏砂漠側、右手に見えるシェルターが目印とのこと。
あった!
130901 (198)

今朝ここを通ったときはこちらのシェルターにしか目が行っていなかったのですが、その反対側には・・・
130901 (199)

こんな道がありました!
いや、全然気づかなかった!!ま、普通に走ってたら1秒で通り過ぎちゃうもんね・・・

実はこの先が大島の“砂漠”と呼ばれる部分。
そこは全て細かい火山砂(灰と石の中間くらいの粒子)で埋め尽くされており、普通の車で入ると埋まってしまう恐れがあるそうだ。
そしてこの入口部分が大丈夫と言われたカブですら入るのをためらうくらいにガッタガタで、車ではボディが傷つくことは必至。なのでレンタカーで進入することは禁止されている。
これが“原付でしか行けない”所以らしい。

では突入します!
130901 (200)

「~でね、原付なら入れるんだけど、絶対にタイヤ跡以外のところは走っちゃダメだよ。
 砂だからあっという間に埋まって抜け出せなくなるから。
 しかも圏外でどうしようもなくなって、最悪死んじゃうから」
・・・おっちゃん恐ろしいところ教えてくれたもんだわw

勿論ビビリな私は教えの通りタイヤ跡のみを綺麗に辿って進みます。
130901 (201)

130901 (209)


数分走ったところで視界が開け・・・

ここが大島裏砂漠。
本当に砂漠だ!130901 (203)

130901 (205)

130901 (204)
強い逆光で写真がイマイチなのですが、生で見ると本当に広大で凄いです。
火山の所為か、鳥取砂丘よりも荒々しい、荒野というイメージにも近い砂漠。


来て良かった。ここは感動。
130901 (202)

ずっと居たいくらいですがもうすぐ日没。
ここで日が暮れたら本当に死んじゃいそうなので明るいうちに砂漠から脱出します。
130901 (208)

130901 (206)

130901 (207)

ここは本当にオススメ!
教えてくれたおじちゃんに感謝です(*^^*)

キャンプ場に戻って夕陽を見て。
130901 (210)

今日は充実していました(^^)

因みに本日もトウシキキャンプ場には昨日と同じ2組+自分のみ。

夜はあのチャリダーさんと飲むか!と思ったけど、よく考えたら日本一周中は“同じ日本一周旅人”というだけでお互い妙に過剰な親近感が湧き(みんなそうだよね?)気軽に声を掛け&掛けられたけれど、特にその肩書きもない普通の“ソロ旅人”だとどうなんだろう?
同じ旅人、齢も同じくらいで彼も一眼をぶら下げていたことから話は合いそうなものだが、ソロキャンをするということはひとりを楽しみたいがためのチャリ旅なのかもしれない。

それに日本一周という大きな共通点もない今、気軽に“夜どーするんですか?飲みましょうよ!”と声を掛けるのは下手をすると逆ナンと捉えられてしまうのではなかろうか・・・
そんなことを考えていたら声をかけるデメリットのほうが大きく感じられてしまい、結局夜は一人でラーメン煮て就寝。


明日は遂にこの旅の終焉。
お昼のフェリーで本土に帰ります。


North Eagle(ノースイーグル) イーグルツーリングドームIINE165 [1人用] 【日本正規品】

新品価格
¥6,090 (送料無料)
(2015/3/22 22:02時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

あいかわらず、ほんと素敵な写真撮るよね~

行ってみたい~~~~(。-_-。 )ノ

知らなかった~

大島の裏砂漠、知らなかったです。
ほとんど毎回合宿状態だったので。。。
今度はゆっくりと周ってみようと思います!

それにしても自画撮り、宗谷岬手前での自画撮りの時に比べるとヘルメットも随分といい具合になってきましたね。
小さなキズのひとつひとつが想い出なんでしょうね、きっと。

じっくりと

風景とか全てのものを、目にカメラに焼き付ける。
旅先ならではだね。
島ならでは、野宿ならでは、島ならでは、いい旅できたね。

Re: No title

ぽてさん

ありがとうございます(^^)
大島はほんとに見所満載でオススメです♪

Re: 知らなかった~

aloha_yamadayaさん

裏砂漠、存在は知っていましたがまさかここまで凄いとは思っていませんでした。
カブのおじちゃんに教えて貰えてラッキーでした(^^)

原チャ乗り失格なのかもですが、実はヘルメットよく落としちゃうんです・・><

Re: じっくりと

風ささきさん

はい、島ならではな景色に出会えて充実した旅でした(^^)

久々に・・・

『日本一周』を見直しました。

南の青い海も素敵ですが、やはり『曽爾高原』の一瞬の写真が好きです。

旅の中で「この為に旅して来た。」と感じるられるのはほんの一瞬ですね・・・7

その一瞬を残したくて写真を始めたいと思う・・・思うだけでまだそこまでは・・・

50を過ぎましたが、まだまだ若い方から刺激を受ける事を楽しみにしています。

No title

強風への対処はお見事!
流石は日本一周経験者(´∀`)

何回も出てきた、べっこう丼か握りが食べたいです。
九州で売って欲しい('A`)

自分撮りの写真、良いですね。
構図は天性のセンスだと思うんで、こんなセンスを持っているまめさんが羨ましい(´・ω・`)

Re: 久々に・・・

シロクマさん

ブログに書いてない部分でそれなりに苦もある旅でしたが、その一瞬の景色で全ての苦労が吹っ飛びました(*^^*)

ほんとうは自分の目で観られるだけでいいはずなのに、やっぱり写真にも残したくなっちゃいますよね(^^)

Re: No title

コウタロスさん

べっこうは魚好きにはたまりませんよ~(^^)
青唐辛子を漬け込んだ醤油に白身魚を20分ほど漬け込むだけのようなので、青唐辛子が入手できた際にぜひ!

ありがとうございます(*^^*)
構図は自分で考えているように見えて、無意識のうちに誰かのいい写真を無意識にマネしているのかもしれません(〃∇〃)

お役立ち情報満載でした!

まめさん初めまして。NakaNakaNakaと申します。

このほど伊豆大島に初上陸いたしまして、出発前に情報を集めていたところ、
まめさんのBlogに辿り着きました。
おかげで裏砂漠やシャロン等、いろいろ楽しめて感謝です!
ありがとうございました!

Re: お役立ち情報満載でした!

NakaNakaNakaさん

はじめまして、コメントありがとうございます(^^)
ブログ拝見しました!
数時間の滞在なのにぎゅぎゅっと沢山観光できていて充実感が伝わってきました♪
大島はやはり原付で回るのが一番効率よく楽しめそうですね(*^^*)
裏砂漠、場所すぐに分かりました??
私のブログは詳細が疎かなのですがお役にたてたなら嬉しいです(^^)
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ