準備編

早く旅記事を書きたいのですが、一応順序建てて準備編から(^^;
参考になるかも分からないまとめですが抜かすとキモチワルイもので・・・まぁそもそもブログってもん自体が自己満足の塊ですからね。

⒈ 海外での基本スタイルについて
まず「世界一周」とか「旅慣れたバックパッカー」という肩書きへの憧れは全くないです(`・ω・´)
日本一周のときには「旅人」という肩書き(?)に妙に憧れていた部分がありましたが、世界に関してはあまりケチらず、急がず、安全に行きたいと考えています。
例えば宿は100円のドミトリーより500円のシングルルームを、格安ローカルバスを乗り継いで10時間かけるよりは割高ツーリストバスで直通5時間を選んでいきたいと思っています。経験も体力も英語力も人並み以下なので買える安心や時間は買う!
元来ケチ節約家なので出し惜しみする部分はありますが・・・ツーリストバスの中でも座席グレードがあったら一番安いものを選ぶと思うし、中級宿でも値切り交渉はすると思います。


⒉ バッグ選抜
世界を旅するといえば大きなバックパックを背負って~というのが私のイメージでしたが、先に書いたようにバックパッカーには特に憧れていないのでバッグも見た目に囚われず柔軟に選んでみます。
ラクできるものならラクしたいですし、重い荷物を背負っていると不機嫌になるタイプなのでやはりスーツケースが理想的・・・でも行きたい場所は常にコロコロできるような綺麗な観光地ばかりではない訳で。

まぁそんなバックパックvsスーツケースというよくある悩みに合致した、これまた最近よく見る解決策――
スイッチパックと呼ばれる、コロコロキャリーにもバックパックにもなるタイプの鞄。
基本はコロコロ引っ張りますが悪路や山ではバックパックに、また万一コロコロが壊れてしまったときにも背負える安心感があります。
決めたのはColeman(コールマン)の40ℓ
↓の旧モデルのブラックがたまたま行ったアメ横で約1万円だったので購入。

[コールマン] Coleman 3ウェイトラベルキャリー CBL3081ND ND (ネイビードット)

新品価格
¥14,595から
(2014/5/14 22:26時点)


カラーバリエも豊富でいい感じ。Colemanは旅人の評価も高いしね(^^)
大は小を兼ねるとは言うけれど背負うことを考えると私の体力だと40ℓくらいが現実的。

チャックには南京錠を通せる穴付き。
別途購入したダイヤル式南京錠を付けて行きました。
140502 (2)
写真内、青の鍵が南京錠。
自転車盗難防止用のチェーンロックはバッグ自体をベンチや柱等に固定するときに使いました。

出発時の中身はこんな感じ。スカスカ。
140502 (1)
茶色の袋は洗面用具一式、紫の袋はダウンジャケット、それに衣類一式と充電器類。
このメインバッグの他に常に身に付けるショルダーバッグをひとつ。一番重い持ち物はやはりカメラとレンズでした。レンズ絞りきれず標準・マクロ・広角の3本持参です。


⒊ 海外用電源プラグ
これも必需品、海外での充電用に電源プラグも購入。
これはほぼ全ての国の差し込み口に対応しているらしいです(^^)

カシムラ マルチ電源プラグサスケ 送料無料

新品価格
¥1,685から
(2014/5/14 23:38時点)


想像よりも小さくて軽く◎
もちろんネパールでも普通に使えました♪

一昔前まではこれに変圧機も必要だったようですが、現在日本で流通している家電は海外の電圧に対応しているものも多いので必要ないかも。海外に持っていいく電化製品のプラグ差し込み口付近に対応電圧が書いてあるのでそこをチェック!
『100V』→電源プラグ+変圧機も必要
『100~240V』→電源プラグのみでOK
私が持っていく予定のiPhoneとNikonの一眼レフはいずれも100~240Vだったので変圧機は必要なしでした(^^)v


⒋ 格安?航空券
航空券探しにはスカーゲートやトラベルコちゃんなどの比較サイト+エアアジアなどのLCCサイトを巡回。メールマガジンや価格アラートも使ってみましたがあまりヒットせず・・・航空券は規則性もなく毎日価格変動が激しいのでいつ予約するかは運・・・でしょうか?

海外旅に慣れている友人も沢山居るのですが、頼り癖を付けちゃいかん!最初は全部自力で行く!!という謎の覚悟の元、今回は自分の調べられる限りの情報で行ったもので最安ではないかもしれません・・・
もっと良い、安いという方法がありましたら教えてください><

私が調べた中で一番良いと感じたのは比較サイトのスカイスキャナー





1000以上の航空会社を比較して最安値を調べることができるほか、日程を比較して最安日も一目瞭然。今回はこれで予約をしてみます。
ブログ用に帰宅後キャプチャした画像ですが、こんな感じです↓
2014y05m21d_225356113.jpg


今回はネパールへ、そして帰りに少しだけタイにも寄ってみることに。
ルートは
キャセイパシフィックで羽田→香港→タイ
ジェット・エアウィズでタイ→インド→ネパール
全込往復で約10万円くらいでした。タイ経由に拘らなければもっと安く行くことができたかと思います。

因みにキャセイパシフィックもジェット・エアウィズも海外の航空会社。
英語力人並み以下の私は申し込み時に英語サイトに不安を覚え、国内代理店サイトを経由して購入(^^;
数千円の手数料を上乗せされますがここでも安心をお金で買ったカタチです。情けなーい><
いいんだ、旅人じゃなくてただの旅行者だし・・・ゴニョゴニョ・・・・・(勉強します)


⒌ カードと保険
航空券の決済には楽天カードを使用しました。
なぜなら楽天カードで航空券を購入すると海外旅行保険無料付帯サービスに自動加入できる(←すごく端的に書いたので一応購入前に規約確認してくださいネ)のです。年会費無料のカードでこのサービスは凄いよね!


楽天カードなら海外旅行保険自動付帯サービス付き!


このサービスで受けられる保証内容はこんな感じ↓
2014y06m08d_184622869.jpg
希望する保険内容は個人によって異なると思いますが、短期の旅行なら私はこれで十分かなぁ。もっと危険な地域に行くときは並行して他の保険加入も検討するかも。

さらに楽天カードは海外キャッシングにも対応しているので、このカードがあれば現地ATMでお金を引き出すことも可能。
私は現金を持っていきそれで全て済ませる予定ですが、万一現金を盗まれたりしたときでもカードさえ残っていればキャッシングできるというのは心強い、第二の保険です。
クレジットカードって普通に持っているけれど、根本的に信用がなければ作れないモノなので海外では身分を保証する印籠的な役割もしてくれます。
最低1枚、できれば保管場所を変えて2枚持って行くと安心かな(^^)

-------------------------------------

次回はいよいよ出発。
羽田空港~タイ空港泊~ネパール到着編です。
まだネパール本編入らないのかよ!って感じですが、なにせ国際線搭乗やトランジットも初だったもので・・・飛行機移動を新鮮に思えるのは最初だけじゃん?という訳でそのドキドキを書いてみます(^^)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

段取り

準備を怠らない、それがいい旅を約束する作業。
警戒心 、交渉力、体力、楽しむ心。
非日常の扉を開くだね。

Re: 段取り

風ささきさん
準備万端でこそ「行き先は風まかせ」が通用しますものね(^^)!
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ