電気事情と一番怪しげだった宿の話

今回前半では説明のタイミングを逃していたネパールの電気事情についてちょろっと書いてみようと思います。

ネパールの発電量のほとんどはヒマラヤ山脈を利用した水力発電。しかしその量は不足しており国内全土で計画停電を実施、1日約12時間、つまり半分は停電中ということです。
大きな店や中級以上のホテルでは自家発電機を用意しているところも多いようですが、私の利用する安宿ではそのような設備は無く、スケジュール通り停電します。

宿には計画停電表を張り出しているところも。こんな感じです↓
140723 (6)

140723 (7)

停電中は機器の充電はもちろん、Wi-Fiも部屋の明かりもシャワーの給湯もストップしてしまい、暗闇の室内でできることががない状態。
故にこのスケジュールを把握することは重要で、特に夕方~夜間にかけて停電が予定されている日は早めに宿に戻りシャワーを済ませておくなど考えて行動しなければなりませんでした。
現地で旅仲間と食事に行くときも「今日夜間停電だから夕飯行く前に一旦シャワー浴びてきて良い?」とか「もーちょっとレストランで喋ろうよ、22時に停電解除されてからホテル戻りたいし」とかね(^^)

あ、お湯が出ると言ってもシャワーは基本的にぬるま湯(30℃台)が出ればまぁ良しといったところでしょうか・・・お湯が出ると言ったから泊まったのに出ない、早めに浴びないとタンク内のお湯が使い切られてしまってして水しか出ないということもよくありました。
4~5月は比較的暖かい時季なのでそれでも凌げましたが、ヒマラヤトレッキングのシーズンである冬とかどーするんでしょう>< 

---------------------------------------------


さてさて、本編に戻りカトマンズで宿を探します。
旅行代理店などで会った日本人にオススメの宿を聞いてみたところ数人に『ポカラピース』という宿をオススメされました。1泊500ルピーほどで綺麗とのこと。ふむふむ、そこに行ってみようかな!

現地で入手した地図にも載っており、大体の場所は分かるのですがなぜか見つからない・・・細い路地を通るっぽいんだけどそこがなかなか見つからず右往左往していたらすぐに声を掛けてくれた。
「ポカラピースに行きたいの? 案内してあげるよ♪」
ネパール人 優しいなぁ^^!


え、こっち?全然違うほう見てたわー、そうかこっちか・・・テクテク・・・

「到着したよ!ここがボクの経営するホテルだ★」
ネパール人 ウソつく><!


せっかく案内してくれたしと思い(←こーゆー考えがチョロイから嘘つかれるのかな)一応部屋を見てみるも、何と窓がなく真っ暗!独房通り越してもはや懲罰室(T▽T;)
「やだよこんな真っ暗な部屋!」
「大丈夫、停電が終われば電気付くよ?」
アホか!

「ごめんごめん、次はポカラピースに案内するから・・・」
  ↓

  ↓
「到着したよ!ここがボクの知り合いのホテルだ★」

 コントがしたいなら他当たってくれるかな?怒

あからさまに不快感を示すも、まぁとりあえず部屋を見ていけ今度は明るいぞと押し切られる。
部屋は確かに明るく綺麗だったけれど700ルピーと予算オーバー
「だから私はポカラピースに行きたいの!
 嘘つきなの?ネパール人は嘘つきなの!?」
「オゥ、ごめんよ・・・次は友達の経営している明るくて安い宿に案内するよ!」

おいコラ前半無視すんな!嘘つかなきゃいいってもんじゃねー!!
ハァハァ・・・ちょっ、疲れた・・(´Д`;)ハァ
歩き疲れたし怒り疲れた、ええい!もうどうにでもな~れ~~

投げやった結果ちょいダーティな場所にある宿に泊まることとなりました(^q^)
140723 (5)

マジかここ・・・って路地を通り到着した、マジかここ・・・って建物。
140723 (4)

ジャパニーズスタイルだよと通された12畳ほどの無駄に広い部屋には床に直敷きされた布団がひと組。直敷き布団=ジャパニーズスタイルってちょっと雑な解釈だよ><
140723 (1)

140723 (2)

うーん・・・
140723 (3)

しかしもう疲れ果てていたのでチェックインしちゃいました。
無駄に広い&仕切りカーテンがあるので「本当にシングルか?ドミトリーじゃないのか!?」と何度も確認しましたが本当にシングルルームのようです。

この宿、夜間は入口+階段の途中2箇所にある鉄格子にごっつい南京錠が掛けられます。(宿泊者は部屋の鍵+南京錠の鍵が渡される)
わー、とっても安心だね☆・・・と思える訳もなく。逆にここまでの防犯が必要って不安過ぎるわorz

Wi-Fiは通じましたが、出ると言われたシャワーのお湯は出ず><
怪しげな場所ポイントが高く、今回泊まった宿の中では最底辺かも・・・それでも1泊350ルピーという安さからすれば許容範囲っちゃ範囲かな?(翌日速攻宿変えましたけど)
連れてきたヤツはアレでしたが、ここの経営者の方は普通に良い人でした(^^)
ドミトリーなら200ルピー程度で泊まれるみたいです。

-------[ DATA (2014GW時点) ]--------
タメルベースキャンプ
THAMEL BASE CAMP
Wi-Fi:有 
シャワー:お湯は出なかった
水道水:濁りあり 水回り汚め
トイレ:水洗、トイレットペーパー無し
立地:一応タメル中心地だけど怪しげな路地の中
アメニティ:なし
シングル1泊 350ルピー(交渉次第?)
-----------------------------------------------------


地球の歩き方 ネパール (ガイドブック)

新品価格
¥2,052から
(2014/7/22 23:02時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

当り前のように⁉︎

恥ずかしい話ですが、3.11の時に初めて「計画停電」と言う言葉を耳にしました。
あの時は企業での節電は勿論のこと、各家庭でも地域別にグループ化されて「計画停電」に取組んでいた事が、ネパールでは当たり前のように日常として行われているんですね。

喉元過ぎれば・・・。

電気が使える事のありがたさをあれほど実感したはずなのに、ちょっとの暑さでエアコンがんがん冷やしてる自分が。。。

「慣れ」って怖いですね。

それでもあの時に学んだ「災害用リュック」は今でもすぐに持ち出せる様、廊下の隅に置いています。

もう何度も中に入れた非常食達が賞味期限切れになる前に私の夜食になっちゃってますが(笑)

無限なものはない

水であり電気、当たり前にあり続けると思ったら、全て自然からの恵み。
青い地球も空気が存在するから、個人でできるエコ生活で後世も不自由なく生活できる星でないとね。
子供の頃は窓全開で電気を消し蚊帳の中で寝ました、遠くの稲光の光も室内に入るも家族と一緒で安心でした、蚊取り線香の匂いと共に。

Re: 当り前のように⁉︎

aloha_yamadayaさん
私も3.11の際に初めて耳にしました(^^;
1日1回、たった数時間なのに暖房はどうしよう冷蔵庫はどうしようとワタワタしちゃいましたよね><

この国と比べると一瞬使いすぎな気もしますが、気候も衛生基準も仕事の仕方も全く違う日本なので必要な分は使っちゃっていいと私は思います(*^^*)

ははは!夜中にお腹が空くのもある意味非常時だし・・・とか自分に言い訳して食べちゃうこと、あります笑
定期的な非常食のチェックにもなるし、とか言い訳を重ねてみたり(^^ゞ

Re: 無限なものはない

風ささきさん
そうですよね、こちらだと電気があるのは当たり前、3.11までは無限にあるかに錯覚してしまうほどでした><
ある程度は電気に頼らざるを得ない世の中ですが、制御できないほどの電力源に頼るのはちょっと考えものですよね・・・
蚊帳や蚊取り線香の香り、素敵です(*^^*)
何だかんだ自然の風が一番気持ち良いですものね♪
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ