陰の火葬場・陽の偽サドゥー

前回の記事で書いた『全てを自然に還す』という考え。
これは人間も同じ。ネパールでは死者は火葬したのち、遺骨は埋葬せずに川に流す―――

ネパール最大級の寺院であり火葬場であるパシュパティナートに行って来ました。
1 (1450)

ここは寺院にはヒンドゥー教徒以外入れないのですが、その手前にある火葬場には入場料を払えば入ることができ、なんと写真撮影も許可されているのだ。
何で火葬場なんか見るんだ?しかも許可があろうと写真撮影なんて以ての外だろ!という方は見ないでください。以下、遺体写真(布に包まれていますが明らかに遺体と分かります)も含まれますので一応閲覧注意としておきます。

タメル地区から東に数キロの位置にその場所はあります。
寺院の前にはお供え物の店が並び、火葬用の薪が積まれています。
1 (1325)

1 (1328)

入場料は1,000ルピー
入るとまず“自称無料ガイド”に声を掛けられ、頼んでもいないのに勝手に説明や案内をされるというのが通例のようです。もちろん無料な訳もなく最後に法外なガイド料をふっかけられるのだとか。
例に漏れず私にもガイドが勝手に英語で説明をしてきましたが、全く英語が分からないフリをして振り切りました。

中に入るとすぐそこが火葬場でした。
観光客の存在など気にもせず、そこには何体もの遺体が次々と運び込まれ火が焼べられています。
1 (1336)
遺灰はまだ火の着いたまま炭と共に目の前のバクマティ川に落とされていき白煙が上がります。

・・・すごい光景だよね。
実はネパールで一番見てみたかった場所がここでした。
一応誤解がないように説明しておきますね。私は昔から死に対しての日本の思想、何というか“死は良くないもの、見てはいけないもの、遺体を晒すのは冒涜”という感覚に対して少し疑問があったんです。
どんな人でも100%行き着くものが死なのに、なんでそれを必要以上に隠すのだろう?もちろん積極的に見たり見せたりするものではないのだけれど・・・過剰なまでに、まるで不浄なものであるかの如く隠し過ぎると、逆に生や死をリアルなものとして考えられられなくなるんじゃないかと思ったりするんです。
なれもしない着れもしない華やかで美しいパリコレを見るよりも、自分が必ず行き着く死を見つめるほうが人間の本来の姿なんじゃないかな?
死に興味を持っているというと語弊があるかもしれないけれど、いずれ死ぬ身。おかしいことではないと思う。

あ、だからと言って「みんなで見つめよう!」ということでは一切なく、こういう思想は人それぞれなので私と真逆の考えの人がいてもそれはその人なりの考えでいいと思います。


現地の人々は火葬される人の親族だけでなく、普通に散歩としてここを訪れていたり、対岸では洗濯をしていたり。
子供も他人の火葬を見つめます。
1 (1356)

薪を組む
1 (1348)

1 (1360)

親族の方々は泣き叫んだりしているのですが、その横で子供が遊んだり、おばちゃんがお茶したり、観光客は写真撮ったり。ちょっと異様な光景だけど、良くも悪くも日常の一部といった感覚のようです。
1 (1343)

1 (1439)


こういう場所に来ると淡白な自分でも色々考える訳で。
それなりにしんみりします・・・・

?「Hello~☆」

そう、しんみりだ。

?「ヘッロ~☆ ヘイヘイ、ナイスカメラ!ヒュ~♪」

なんだこの火葬場に似つかわしくない明るい声は!?

そこに現れたは俗世を放棄したことを示す枯葉色の衣を纏った男性。
本でしか見たことなかったが実物をひと目見て分かった、サドゥーと呼ばれる修行僧だ。

サドゥーとはヒンドゥー教における放浪の修行者の総称。インドやネパールに400~500万人居るとされており、世を捨てさまざまな修行を行い毎日を過ごしているらしい。瞑想を行ったり極端な禁欲や苦行を自らに課すとのこと。

しかしコイツは・・・?

「ヘッロ~☆ ヘイヘイ、フォトフォト!
 フォト
&マネー♪ プリーズ フォト!&マネー♪

修 行 僧 な わ け が な い( ̄ω ̄;)
そう、彼はいわゆる観光用サドゥー
観光客に自らの写真を撮らせてお金をもらうことを生業としている(もちろん修行なんてしていない)

話には聞いていたが実際会うと何とも言えない・・・しかも火葬場でこのハッピー丸出しのテンションは何なんだ!?

不謹慎な!!
・・・なーんて人間ではないのでね、私は。
あまりにも意表を突くテンションとスタイルにお金を払ってでも撮りたくなってしまいました(^q^)
カシャ!
1 (1408)
ちょっと悔しいがお気に入りの写真ベスト3に入る。

・・・そしてこの表情である(^^;
foodpic5188867.jpg

何カットか撮らせてもらっていると・・・
1 (1411)
本人飽きちゃったよ!槍置いてチャイ飲み始めちゃったし!

撮影料は向こうから提示される前に20ルピーを渡した。
「えー・・100ルピーがいい・・・」
うっさいわ!途中で投げ出したくせに!笑
悔しいけれど憎めないサドゥー(観光用)でした(^^;

観光用サドゥーに不快感を抱く人も多いかもしれませんが、そもそも政府がここを観光地にしているということからネパールでは根本的に死に対する考えが違うのだろうと感じました。
火葬場だって日常の一部、人が死ぬのも自然の摂理だから自然に見つめたらいい。そんな感じかな?
逆の視点から見ると日本の戒名代とか葬儀ビジネスのほうが不謹慎に見えなくもないですし・・・


川の横は小高い丘。ちょっと登ってみました。
1 (1412)

1 (1417)

1 (1423)


パシュパティナート、色々考えつつもサドゥーのおかげで(?)沈み過ぎずに見学することができた気がします(^^)
捉え方は人それぞれなれど間違いなく衝撃的、一度は行ってみる価値のある場所だと思います。
1 (1432)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

天に還る

70年代の本家のおじいちゃんの葬儀。
集落に火葬場があり、同じようなスタイルで火葬しました。
囲いなどはなく燃え盛る炎と昇る煙。
天に還っていくように見えました。

最近では

結婚式に出席するより、年代的に確実に葬儀に参列する回数のほうが多いこの頃、確かに流れ作業的にとり行われている感じも否めないですね。
その後の永代供養に至るまでビジネスと切っても切れないこの国の葬儀事情を、遺灰を川へ自然に還す国の方々から見たら驚かれるのかもしれませんね、きっと。



No title

自分は葬儀関係の仕事をしていたことがあるんで、色々考えながら読ませてもらってましたが…

写真の生臭坊主は何ですかw
自分もこの写真はネパール編のベストショットだと思いますww

Re: 天に還る

風ささきさん
天に還っていくよう、なんだか素敵な見送られ方だなーと思いました。
密室で焼かれるより最後まで近くに感じられますね。

Re: 最近では

aloha_yamadayaさん
思えば結婚式よりも大きなお金が動いたりしますもんね・・・
うちの祖母は最近死んでからの費用に頭を悩ませています(^^;後のことは気にしなくても残ったがわで何とかするのですが、死ぬにもお金の心配をしなきゃいけない日本って豊かなのか豊かじゃないのかわからなくなっちゃいます><

Re: No title

コウタロスさん
そうなんですね。前半は真面目に書きました。

からの~・・・

生臭いでしょw
修行の“しゅ”の字も感じませんでしたw
プリクラ好きな女子高生並みにポージング慣れしてる感がニクイです(^^;
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ