【青森県/下北半島編 2】恐山霊場へ

下北半島編2日目
4:00起床。日はまだ昇っていないが外はもう活動可能な明るさだった。

日が沈んだら眠り、明るくなったら起きる。
旅の基本スタイルとは言え流石に早過ぎるかと思ったが、大間キャンプサイトの旅人たちはそのほとんどが4時台に活動を始めていた。
旅人たちの会話から察するに(盗み聞きしたわけじゃないよ、声がデカいんだよ笑)どうやら北海道へ向かうフェリーの受付けが5:00に始まるらしい。
ねぶた祭りが終わると青森港、またはここ大間港から北海道へ渡る旅人は多い。特に二輪の積載数は限りがあるのでそのチケット争いは激しいのだろう。事前に予約すれば問題ないはずなのだけど「○月△日×時のチケット」というガチ確定の予定が入るのを嫌うのもまた旅人の性――うん、まぁ分かるよけども(^^;

そんな北海道行きの旅人達を特に見送りもせず個人プレーでスタートです(・∀・)
150829 (1)

早朝の道って良いよね(^^)
150829 (2)

150829 (4)


昇る朝日を横目に本日まず向かうは日本三大霊山のひとつである恐山
150829 (3)

山道に入ると霧が・・・この濃さの中を走ると小雨並みに濡れます><
150829 (5)


結構しんどい山道が続く中、急に青い川が出現しました
150829 (7)

はー、綺麗ですねぇ
白く靄がかった中に浮かぶ青・・・いきなり別世界に来たみたい・・・
150829 (9)

150829 (8)


あ、あれは三途の川・・・そうか、私は死んだのか・・・・
150829 (11)

――と、思うくらい一気に雰囲気が変わります。今思えばその前の険しい山道もその雰囲気に一役買っていたような。

因みに三途の川に掛かる橋は渡ることもできるのですが、かなり傾斜がキツいのと、生きているのに渡るのはなんとなく気持ちが悪いので渡りませんでした(^^;
隣にコンクリートの橋があるのでそちらをバイクで華麗に通過です笑

150829 (10)


6:30
恐山菩提寺に到着。

入山料500円を支払い境内へ。

朝早くから恐山を目指したのには2つの理由があり、
ひとつめは8月の日曜日である今日、日中は大勢の観光客で溢れであろうこと。
もうひとつは道中にも遭遇した朝の山特有の霧や靄。

恐山の写真を撮るにあたり背景は
“観光客で溢れた/カラッと晴れた青空”ではなく
“人の居ない/靄ががる白灰色の空”が良かったんですよね。
つまりは早朝、開門直後(開門は6:00)を狙え!ってこと(^^)

結果は↓
150829 (12)
そう、このイメージです!
よろしい よろしい。厳かに先に進みましょう。

150829 (13)

150829 (14)

ちょうど朝のお勤めの時間だったようで本堂からお経が聞こえて来ました。
一般人も泊まることができる宿坊があるので興味のある方はそちらを利用してみるのも良さそうですね。

山門の奥に進むと正にイメージしていた恐山の光景。地獄巡りと呼ばれる場所です。
「あの世への入口」と謳われるのも納得です。
150829 (15)

150829 (18)

150829 (19)

荒涼とした岩場からは所々蒸気が吹き出し硫黄の臭いが立ちこめる。
150829 (20)

150829 (17)


恐山は水子供養でも有名ですね。
150829 (23)

賽の河原の積み石だろうか
150829 (22)

150829 (21)


そんな岩場を歩いていると突然白い砂浜が出現します。
150829 (25)

150829 (24)

これは宇曽利湖(うそりこ)
通称・極楽浜と呼ばれる場所。地獄の先に突如現れる絶景は正にその名の通りで、神々しさすら感じてしまった。
150829 (26)

150829 (30)

150829 (27)

150829 (28)

強い酸性だというエメラルドグリーンの水は無風の今日、一切波打つことなく静かに朝の空を映していた。
現実感のない絶景を見ると、ふと今自分が生きているのか死んでいるのか分からなくなるときがある。
150829 (29)

150829 (31)

恐山は地獄巡りのイメージが強いけれど、この極楽もとても衝撃的だった。
私は普段あまり湖には惹かれないのだけれどここは別物。別格。

150829 (32)


極楽浜でしばしぼーっとした後、再び地獄を通って山門まで戻ります。
150829 (34)

150829 (35)

150829 (36)


これなんだっけ?
罠・・ではないよね??
150829 (33)


周り終えるころにはすっかり日も昇り、靄も晴れて青空になっていました。
観光客も増えて来ましたね。
150829 (37)

150829 (38)

恐山と言えばイタコ
ですが、例大祭の時にしか居ないらしいので口寄せをして欲しいという方は訪問時期にご注意を。
150829 (39)

私は入りませんでしたが境内には温泉もあり入山料のみで入浴することができます。
150829 (40)


いや~、恐山とても良かったです。
信仰の対象としてはもちろんですが、単純に景色が素晴らしい。
こんな風景を合わせて見ることができるのはここしか無いのではないかと思います。その独特の雰囲気・空気感も唯一無二なんじゃないかな。青森まで来てここに行かないのは本当に勿体無い!今回訪問できて良かった(^^)

150829 (41)


総門を出ると到着したときにはまだなかったアイスが。
150829 (43)

ヨモギアイス?
これは食べるっきゃない!
おばちゃんが盛ってくれる氷菓に近いシャーベット状のアイス。秋田のババヘラアイスの雰囲気ですね(^^)
150829 (44)

ここここれは! 美味しい!!

いわゆる「よもぎ大福の皮」の味!
ミルク感は無くさっぱりとしたシャーベットによもぎ大福の皮の甘味と風味、いやなんだこれ想像以上に美味しいぞ!?
他では食べたことのない味というのもポイントが高く、歴代アイスTOP3に食い込んで来たかも!

恐山、最後まで大満足(*^^*)
次は尻屋崎に向かいます!が、恐山の写真が多過ぎたので一旦ここで切りますね。
150829 (42)
次回へ続きます(^^)ノ"

ツーリングマップル 東北 2015 (ツーリング 地図 | 昭文社 マップル)

新品価格
¥1,944 送料込
(2015/8/15 時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

罠では無く、“こっちへは行ったらダメ!”の印でこんなんありましたネ!

いつもステキな写真をありがとうございます♪
今回は、いつも以上に写真から受けるメッセージがありましたが、
“賽の河原の2枚目”の写真をみた瞬間、“あの”ネパールのサドゥー(観光用)の顔が過ったのは何故でしょう(。≧∇)ノ彡バンバン☆!!

いつかは行ってみたい場所です('-'*)♪

早朝組!

早起きは三文の徳と言いますが、三文がどれ位の価値なのかはイマイチわかりかねますが(^_^;)何か1日を有効活用出来ると言うか得した気分になっちゃいますよね。
私も休日などは遠足の前の日みたいにワクワクした気分になり、日の出前後から行動しちゃうので逆に平日は会社でグッタリって感じです;^_^A
先日、宗谷帰省して来ましたが涼しいと言うかもう秋が始まっていました。
実家の車を借りて道北めぐりして来ましたが雨の日が多くそれはそれで車の恩恵を受けたのですが、やっぱり風や匂いを感じるバイクですかね。
来年こそはまた125ccのスクーターでトコトコと帰省したいと思います‼︎
って事で今日もこれから休みを有効活用しにトコトコとお出掛けを・・・ん⁉︎雨っぽいかぁ⁇(≧∇≦)

No title

菩提寺はなんかきれいになった感じがします
観光収入増えたのかなぁ
極楽浜の写真、撮る人違うと、こうも違うのかぁ
ほんと極楽ってこんなんでしょうねぇ
私も9月は仙台、気仙沼、陸前高田方面へ
いってきまぁーす(^O^)/

雰囲気でてます。

恐山のちがった一面が見れて感激。
雰囲気がすごく伝わってきます。
写真がホントいいですね。臨場感が出てます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

山道の途中に

湧き水があったんだけど、気がつかなかったかな?
当時、口にしたけど、「死ぬまで長生きする水」だったよ。だから今も生きています。
死後の世界まで?この世で心を磨いて生きますか。

No title

まめさんの3週間ほど前に下北(恐山・尻屋崎等)を訪れました。(50ccスクーターによる2度目の北海道巡りを終えての帰途でした)

恐山では曇・霧・小雨という天候ではじめは残念に思ったのですが、歩いているうちにここはそんな天候のほうがマッチするのではないか・・・と感じるようになりました。今回の写真を拝見して改めてその思いを強くしました。

晴天が似合いそうな尻屋崎(自分が行った時はこちらも曇・小雨・・・)の方はどうだったのでしょうか、続きを楽しみにしております。

Re: 罠では無く、“こっちへは行ったらダメ!”の印でこんなんありましたネ!

OKUさん

は~、そんな印があるんですね。全然知らなかったです。

あ、なんか色味的にシルエットが浮かんできますね笑
偽サドゥーめ!こんなところにまでおちゃらけた雰囲気を持ち込みやがってー(`∀´)

ぜひぜひ、すごく個性的な場所でオススメです(^^)

Re: 早朝組!

aloha_yamadayaさん

特に休日は早起きすると沢山楽しめる気がしますよね(^^)

宗谷の夏は特に短そうですね。
そうそう、車は車でとても快適なのですが(特に雨だと)バイクと比べるとそう感じてしまいます。
来年こそは!ですね!!
本当に125ccスクーターが一番旅向きなんじゃないかと思い始めました笑

Re: No title

トシオさん

そうなんですか!
最近ひっそりお寺ブームが来ているみたいですものね(^^)

本当にこの世ではないと思うくらい綺麗でした!
仙台方面良いですね!9月は美味しいものも多そう~(*^^*)
お気をつけていってらっしゃいませ(^^)

Re: 雰囲気でてます。

小西さん

行ったことがないと恐山って地獄のイメージしかないですよね!
私も実際行くまでこれほどすごい場所だとは思っていませんでした(/ω\)
ありがとうございます、早起きして行った甲斐があります(*^^*)

Re: リンク使用のお願い

ぽんさん

コメントありがとうございます!
本文の件、全然OKです!(むしろ嬉しいです笑)

ブログこれから楽しみにしていますね!
そちらの方にもコメント書かせて頂きます(*^^*)

Re: 山道の途中に

風ささきさん

湧水、気づきませんでした><
「死ぬまで長生きする水」面白いようで哲学的ですね(^^)

Re: No title

あずさは二号さん

お久しぶりです!
おお~、旅に出ていたんですね!北海道巡りからの~ってめちゃくちゃ良いですね(^^)

雨まで降ってしまうとバイクにはちょっとキツいですが、やはり曇天のほうが雰囲気出ますよね!

尻屋崎は私も同じく小雨でした><
なのであまり写真多くないのですが急いで更新しますね(^^)

お久しぶりです〜

おお!まめさん下北半島走っておられましたか!
私も来年辺り自走して補完をと思っとります!

イカ刺しとよもぎアイスはメモりましたぞ!
続編期待(๑•̀ㅁ•́๑)✧

Re: お久しぶりです〜

チョイノリことゆみおきさん

お久しぶりです!
おお~!補完、やっぱりしたくなりますよね(^^ゞ

そのふたつはかなりオススメなのでぜひ(*^^*)
下北半島は個人ブログでのグルメ情報が少ないので今回はグルメ系を多めに取り入れて来ました。
プロフィール

まめ

Author:まめ
  
2012年、原付で日本一周した人間の末路(?)を見守っても見守らなくてもいいブログ。
趣味は旅と写真と料理とFX。

50ccリトルカブ、
250ccイントルーダー所有

元ブログの紹介
リトルカブに乗って、一眼レフをぶら下げて、日本一周の旅へ。
        ↓
 【 リトルカブで日本一周 】
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
最新記事
旅グッズの紹介
私が愛用している旅用品です

■キャンプ時使用テントはこちら
  とてもコンパクトで丈夫です

North Eagle ツーリングドームIINE165 [1人用] 送料無料

新品価格
¥5,935から
(2014/7/6 22:45時点)



■電源がない場所での充電には
  これ。 1回の蓄電でiPhone
  約 7回フル充電できます

大容量モバイルバッテリー 12000mAh 送料無料

新品価格
¥3,850から
(2014/7/6 22:50時点)



■屋外自炊用バーナー
  ボンベはコンビニや100円均一
  で売っているのものでOK

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー 送料無料

新品価格
¥3,080から
(2014/7/6 22:55時点)



■海外用スイッチパック
  バックパックにもコロコロキャリー
  にもなり便利です

Coleman 3ウェイトラベルキャリー 送料無料

新品価格
¥14,595から
(2014/7/6 23:01時点)



その他、細かなもの
◆キャンプ系はこちらの記事を
  → 旅のまとめ 【装備総評】

◆海外系はこちらの記事参照
  → 海外旅行 準備編
使用一眼レフ
愛用カメラはNikon D5100
※現在はD5200が最新

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 レンズキット AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付属 ブラック D5200LKBK

新品価格
¥58,800から
(2014/7/7 00:17時点)


レンズは標準の他に
  ・超広角 10-24mm
  ・マクロ 60mm
を使用しています

レンズ特性などの詳細は
こちらの記事をどうぞ☆
  → 【カメラ・写真について】
広角って何?マクロって何?を
写真付きで説明しています(^^)
〈 PR 〉
月別アーカイブ